ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

大磯とバカヤローのオブジェ

2019-06-09 19:12:05 | 日記

 前回に続き大磯です。湘南発祥の地・大磯は、鴫立沢の標石の裏に記された如く眺望の素晴らしいところで、宿場町でもありました。鴫立庵の近くに上方見附跡があります。見附というのは宿場を守るために置かれた防御施設で、京都側の出入り口にあるのを上方見附、江戸側にあるのを江戸見附といいます。街道を挟んだ両側に台形状に石垣をもって造られ、高さは1.6mくらいだったようです。本来見附は城下の見張り番所のことをいい、主に城門の外側にあって通行人を監視したところでした。江戸城には三十六見附があったといわれます。今でも四谷見附・赤坂見附という地名になって残っていますよね。

 さてその大磯宿ですが、広重の東海道五十三次にも描かれており、特に「隷書東海道」の海がいいですね。右手に茶店が描かれていますが、このあたりの茶店では盆山石(ぼんさんせき)を売っていたと「名所記」にあります。盆山石というのは盆栽に入れて楽しむための小石で、五色の色をしていました。このあたりの磯でとれたようです。

隷書東海道・大磯

 鴫立庵近くの砂浜は「こよろぎの浜」と呼ばれて、古くは万葉集にも「相模路(さがみじ)の 舎呂伎(よろぎ)の浜の まさごなす…」と歌われ、昔から風光明媚なところとして知られていました。晴れた日には沖の方に大島が見えるのですが、その美しさは今、鴫立庵から見ることはできません。大磯城山公園の中にある旧吉田茂邸の金の間まで行くと眺めることができます。ここに立つと「ああ湘南 清絶地」の意味が理解できそうな気がしますね。この邸は吉田茂が養父から引き継ぎ、晩年を過ごしたところですが、2009年に焼失し、その後再建されました。現在は大磯町郷土資料館別館となっています。

吉田茂邸 金の間からの眺望

 吉田茂は麻生財務大臣のおじいさんにあたる人ですけれど、戦後の内閣総理大臣を務めた方であり、何といっても「バカヤロー解散」で有名な方です。衆議院予算委員会で質疑応答中、吉田茂が「バカヤロー」と呟いた声がマイクに拾われ、問題になりました。追い込まれた吉田茂は衆議院を解散したというわけで、「バカヤロー解散」と呼ばれます。で、この邸宅には「バカヤローのオブジェ」があるのですが、まるで投げ出されたサイコロのように、部屋の片隅にポツンと座っています。旧島崎藤村邸にも同じような「涼しい風だね」のオブジェがありましたけれど、このあたりで流行っているのでしょうか。

バカヤローのオブジェ

 またこの近くには伊藤博文や大隈重信、陸奥宗光など、明治の偉人たちの別邸が多くありました。彼等は競ってこの大磯に別業を営んだようです。万葉、古今に詠われ、西行が秀歌を詠み、明治の偉人たちに愛された大磯、いいところでした。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』、一般書店からも注文できます)

コメント   この記事についてブログを書く
« ああ湘南 清絶地(湘南発祥... | トップ | 老後2000万円問題と高齢化社会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事