峠の向こうになにがある?

しんどい、しんどい峠道。登ってみるとその向こうに何かが見える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鈴鹿の夏

2011年08月28日 15時59分19秒 | Weblog
8月の終わりは鈴鹿です。
去年のトライアスロン燃え尽き症候が今年も引きづって、今年も観戦のみです。

今年も多くの人が鈴鹿を走ってます。
3階のパドックから見ると見晴らしも良く 先週の動きがよく見えます。


さらに、風が吹き抜けとても涼しい。
横になっていると寒いぐらいでした。
チームのみんながTTTに出場しています。



お!今年は・・豚さんも(笑)





チームTT動画















そして 鈴鹿の夜はこれです。
まぁ~さん H=Iさん
 いつもお世話いただきありがとうございます。
お肉もたれもキムチも最高でした。

だれにも迷惑かからない場所で 夏のしめくくりはここって決めてます!




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒルクライマー

2011年08月25日 20時58分45秒 | Weblog
読み終わりました。

おもしろいです。
こんな風に山を登れたらもっと楽しいだろうけど
こんなに急に強くなったら どんなにわくわくするんだろうと
思うけど

この本を読むと ちょっと心臓の限界までがんばってみようかと思います。
スズカの前にぜひ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏休み

2011年08月21日 13時23分05秒 | Weblog
夏休みも終わりですね。

そこでこんな本を見つけました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝練

2011年08月20日 20時55分37秒 | Weblog
しまった!
起きるのが・・遅れてしまった。

やむなくひとりで柳谷に
 どうもひとりでは頑張る気持になれずに 登る。
これではあまりに練習不足ということで 吉峰寺に久しぶりに登る。
いやぁ~ ここはやはり激坂です。
道幅が広いのでそれほどではないように見えるのですが やはり 激坂

そこから灰○に降りいき 神峰山寺に向かう。
本山寺に向かおうと思ったが・・激坂に負けてそのまま帰る。

最後、枚方からは雨・。

夏の雨は気持ちがいい。。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PBP

2011年08月18日 16時27分22秒 | Weblog
2011年 パリブレストパリ の開催年です。
参加のみなさんはパリに向かって出発しているようです。

ブルベの頂点はPBPだ。
乗鞍の宿で・ヒロさんから 次のPBPは行かないのですか?
と聞かれた。

よく考えると 4年後は2015年 
参加できるなら・・行ってみたい。
ぼんやりした 想いですが。。

4年後 フランスもいいなぁ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

乗鞍合宿 その2

2011年08月18日 10時28分52秒 | Weblog
登山の人。 ハイヒールの人 そして自転車乗り こんなんが入り混じった上高地を
後にして 宿に向かいます。

長野側からの安房峠も比較的斜度が緩く走りやすいです。
トンネルのせいか 車も少ないし.



平湯のバスターミナルに近づくと雨が降ってきました。
バス停で少し休み 宿に向かいます。
ここからずっと下りです。
宿は林さんだけが知ってます。
先頭で出発してくれるものの・・林さん 早すぎ!
ついて行ったのは カネマルさんだけ
濡れた道は怖くて・ブレーキひきっぱなしです。
宿があるたびに きょろきょろしながら下っていきます。

宿について 風呂に入るとヒロさんたちも到着です。
食事はこんなん


腹へって 完食です。

宴会の後は 地域の祭りがあるということで出かけて行きます。
太鼓 獅子舞 など 郷土の無形文化財です。






出来上がってる皆さんは・こんな風に声援を。。
/078748e93f6fd032b9b6068223bcc297.jpg" border="0">

最後は 明日の天気と安全を祈願して



宿での自転車はこんなんです。
総額・・いくら??


部屋は長老組 いびき組 安眠組に分かれる。
なぜか・・安眠組は6畳 6組 のふとん に 8人が寝る。

起きると・・雨です。
乗鞍は当然自転車は通行禁止のようです。

ここでバス班と自走班に分かれる。
自走班に方々 御苦労さまでした。


平湯バスターミナルから家路に向かいます。

そして・・あの二人は。。。。


↓動画2本です。

濡れた路面を

下り
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

乗鞍合宿

2011年08月17日 22時21分19秒 | Weblog
16日と17日は楽しみにしていた乗鞍合宿です。
去年は参加できなかったのですが、一昨年は青天の中とても気持ちよく走ったのを覚えてます。

朝は3時起きです。
4時には輪行袋に詰め、ぎゅ~ぎゅ~のマイクロバスで出発です。
そして9時乗鞍スカイラインのゲート前の到着です。


ひとりでここまで運転していただけたバンさんに感謝です。

天気は曇り これは楽しみです。
わくわくして輪行袋から出して 組み立てます。


ところが・・・頂上付近はモヤがかかって自転車での登山は禁止
だそうです。
とりあえず、3km先までは行ってもよいということでそこまで行って
禁止が解けるのを待ちます。










そして・・ここで待つ




山のベテラン 岸本さんによると・・この天気では
きっと頂上が晴れることはないだろうとのこと。
天気予報では晴れなのですが。。
そこできっぱりと乗鞍山頂をあきらめて下ります。


そうだ!
ここは気持ちを切り替えて 安房峠に行くことにしました。
こういうときは、いろいろな知識を持った人がいてると助かります。
平湯にバスを置いて 峠まで
距離は7kmぐらいでしょうか。
斜度はあまりきつくなく たんたんと上がれます。

そして峠。
な~んにもない峠
さて・・どうする。
雲行きもやや不安なので ここで2班に分かれました。
上高地班と宿直行班です。

なにやら・去年は上高地に行ったとのことですが 途中の釜トンネルが
とんでもなく恐ろしい場所だとか。

しかし、自転車では行ったことがないので上高地に向かいます。
ここが 噂のとんでもなくおそろしい釜トンネルです。


自分にとっては、 観光バスも余裕を持って回避してくれたのでそんなに怖くはなかったのですが。。
後で話を聞くと、あういうトンネルではひとりひとりがばらばらで走らなければならないとのことです。
観光バスが対向車が来たときにさっと路肩に寄れるスペースが必要なのです。
ちょっと反省です。

涼しい上高地です。



人が多いですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝練

2011年08月13日 17時27分41秒 | Weblog
あっつい一日です。

朝練も暑かった。



鈴鹿が近いせいですか
今日の朝練は人が多かった。

今度は氷屋さんまで 2次練に行こう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最適速度

2011年08月11日 21時14分58秒 | Weblog
この時期になると 走りながらいつも思うことがあります。

どんな速度で走ったら一番汗をかかないのか。

感覚だが・・無風状態で 時速25kmがいいように思う。
自転車は空冷なので 風に当たらないと涼しくならない。
しかし、速度が速すぎると 発熱量が多すぎて暑くてしかたない。

時速25km ということは 秒速7mです。

追い風   3mだと 時速35km
向かい風  3mだと 時速15km

なんか。。。違うなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イングリッシュ

2011年08月10日 20時27分17秒 | Weblog
こんなに暑い中で 自転車で通勤するのは身体にいいんだろうか。

今日の帰りは追い風です。
走っていると 隣に自転車が並びました。
ちょっと間 並走です。
これは・・声をかけなければと。

「こんにちは」っと。
『わたし 日本語できません」
あわわ・・・外人だ。
英語はできないし・・
それでも声をかけてしまった。

「ほぉぇあ~ゆぅかむふろむ?」
『 ○△※△・・』
「Ha?」
通じんか。。。
「ユゥァカントリープリーズ」
『 ○△※△・・』
「Ha?Ha?」
『 ○△※△・フレンチ ドイチェ・・・』
フランスとドイツの辺りに名前のわからないような国があったのか。。
「Oh it's joke HA HA HA I'm Italian 』
なにぃ! ジョーク??
言葉が通じんのにジョークを言うか!
戦争に負けたのもきっとこんな国と同盟を結んだせいに違いない。

それから・お互い通じない言葉 通じ合うのは笑い声だけという奇妙な自転車乗り二人。

私は・・と言おうと思うと  wo とでてしまう。
明日は・ 「明天」 と出てくるし・・。

あたま ごちゃごちゃです。

また 会おう! イタリア野郎

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする