峠の向こうになにがある?

しんどい、しんどい峠道。登ってみるとその向こうに何かが見える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝練。 ブルベも終わって。

2009年09月29日 22時18分40秒 | Weblog
ブルベも終わった。

完全なオフシーズン。

さて・・なにしようか。
ゆっくり サイクリングを楽しもう。

朝練です。


いい天気だし 気温も適度。
ここはタイムを狙う。
前半 6分52秒 む。ちょっと凹むが・・後半もがんばろう。
後半 にはいる。
店長にさっと抜かれる。 林さんに千切れるなと・声をかけられる。
よし! 抜かすぞと思うが・・体がついていけず。
次第に背中が・離れる。
それでも・気持ち切れずにがんばる。
7分12秒

合計 14分4秒。

はぁ~ がんばっても 14分を切れず。

今年の12月までには13分30秒を切ろう。


用事があって・吉峰寺に行けず。

今週は行こう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブルベを思う。

2009年09月26日 20時39分07秒 | Weblog
アタック秋田 1000km の報告が続いてます。

秋空の下 自分の限界に挑戦した人たちのことを少しうらやましく思います。

ブルベを走ってると どうしても時間が気になります。
ゴールの締切時間は当然なのですが、前回より早く走りたいという思いが常に付きまとってます。

しかし、200km以上の長距離になると その日の気温・風向き・交通渋滞・祭りなど・・前回の時間と比較すること自体ができないことに気が付きます。

これからは

 1.時間内に完走するのが一番。
 2.どれだけ楽しいことをブルベの中に入れるか。
    おいしいもの。きれいな風景。できれば地元の人と会話する。
 3.最後に時間を気にする。

といっても・・やはり速く走りたいという気持ちはあるので、
上手に 上の順番を使っていきたいと思う 今日です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こんな本

2009年09月25日 21時27分53秒 | Weblog
世の中 自転車ブームですね。

こんな本も出版されてます。


すこし年齢は自分たちに近い方でしょうか。

内容は素人が経験する 
  そうそう!  それ あるある。

そんな 身近な話題です。


そして・・過激な表現が・・。
ここではとても書けないような(笑)


書いたの本当に女性かな?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淀川の楽しみ

2009年09月24日 21時44分12秒 | Weblog
昨日で連休が終わり 今日から仕事。

追い風ですいすいです。


コスモスがきれいに咲き始めました。
写真が・・うまくないなぁ。
向こうに見えるのが あの木 です。

帰りは向かい風
しかたない・・。

ふと横を見ると、こんなんが。


高校生でしょうか。
みんなでろうそく? 懐中電灯? でなにやら 描いてます。
いいですね。
みんなで決めて 夜を楽しむ。


秋の夜空 こんな日もある。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近畿ブルベ600km  速い人は

2009年09月23日 20時44分56秒 | Weblog
速い人の自転車です。



この小径車で12時過ぎに帰ってくる人がいてるのです。
うむ、走りは機材ではない。
足かぁ。





こんな細かいキューシートを見れる人がうらやましい。




写真を協力していただいた方 ありがとうございました。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近畿600kmブルベ  まだまだ続く工夫

2009年09月23日 07時30分33秒 | Weblog
ハンドル回りはたのしい。

全部その人に合ったように改善してきたんだと思う。



フロントバッグ方式です。
ガーミンになにやら電線のような・・
しまった・聞くのを忘れました。



ハブにライトです。
この方が道がみやすい?




めずらしいですね。
ブルホン型のハンドルです。
たしかに・ブルベで下ハンを持ったことがない。
ライトはジェントスか?

ちょっとハンドル回りと離れて・



リアのバッグも一応防水と言ってますが、やはりカバーが欲しい。
ヒロさんはランドセルバッグと言っていた。
この方もなにかの流用のようだ。
自分もこれを工夫してみよう。



安全は常に工夫を続けたい。
この方のバックライトを見てほしい。
これなら後ろの車にアピールできるだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CSY丹後半島ツーリング その3

2009年09月22日 09時52分37秒 | Weblog
経ケ岬のトンネルを過ぎたところでプシューという音が?
だれが パンクした??
はい。 
自分でした。



そいういえば、昨日もパンクして修理したばっかし。
最近どうした。パンクが多いぞ。

本庄から旧道にはいります。
この方がトンネルが少なく、景色が楽しめます。



しかし・・ここは急坂です。
苦しみながら 登る
あれ? みんな笑顔やん。



旧道からの眺め


漁港の飯屋をめざしたところ・・定員オーバ。
やむなく、 道の駅に向かう
着いたのは 「舟屋の里伊根」
向こうに見えるのが舟屋です。


ここでお昼です。
・・が、人 人 人 食べるにも一苦労でした。


ここを過ぎると 天橋立までは20kmぐらい。
ここからようやく向かい風になる。
いままではずっと追い風^^

この区間がんばる。
後ろに一人だけついてる。
クロさんかな?
ここは30km~33kmでひたすらがんばる。

ようやく前の集団に追いついた。
スピードが落ちたので後ろの人が前に出てくれる。
ん? あれ?  チーフやん!!
どうも、自分の後ろで頑張ってるなぁと 余裕で見てたらしい。

まぁ、一日のうちにがんばる機会を一回だけ作りたかったのでよしとしよう。



ここから初めての天橋立を通る。
ここは自転車でもOKなのです。


こっち側にも向こう側が見え。


あっち側にも見える。



きれいな砂浜もあり。



こんな水路で結ばれてるだけです。


橋のたもとは土産物屋さんで大賑わいです。
ちょっとみんなからは違和感がある集団です。



ここから クアハウス岩滝でのんびりした。

一日がおわりました。

店長さんはじめ みなさん 楽しい一日 ありがとうございました。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CSY丹後ツーリング その2

2009年09月22日 09時37分13秒 | Weblog
網野(?)に着く。
ここで日本海!
水平線がうれしい。
海はやはり生命の源なのでしょうか。
なぜか・安らぎます。



せっかくの景色なのでゆっくり進みます。
みんな 速くない?


屏風岩(?)でしたっけ?
とても景色のいいところで 全員写真
あ。 全員で20名でした。


通りすがりのおじさん ありがとう。


東側です。


西側です。


この景色をこんな風にみんなで堪能する。



経ケ岬を目指します。




海岸線なので多少のアップダウンはあります。
でも、勾配がきつくないので 海を見ながら走るにはちょうどです。




この道は楽しくていいなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CSY丹後半島ツーリング  その1

2009年09月22日 09時20分15秒 | Weblog
連休のこの日は CSYの丹後半島ツーリングです。
集合場所は 天橋立 8時。
全員で20名(?)でしょうか。

まずは、朝食のためにローソンに向かう。
店長は集合場所で8時まで待つとのこと。
店長に聞くと、この先2kmでローソン。

ローソンに向かうが・店長以外全員道に迷う(笑)
こっち?あっち?そっち?
そういえば・今日のコース 発表されていないので、店長以外コースわからず。


とりあえず 岩滝の駅で店長を待つ。

なんとか、ローソンで全員合流
クロさんは違うローソンに行っていたそうな。


風は追い風 空は青空 車も少ない。
気持ちいい。
坂道でもこんなに元気です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近畿ブルベ600km 工夫の続き

2009年09月21日 22時33分51秒 | Weblog
600kmに参加された方の工夫を続けます。



ガーミンとキューシートです。
この止め方がなかなか見やすい。
取り付け方法も聞いたのですが・・忘れました。
やはり、ガーミン+キューシートがいいのだろうか。






この方はすごいです。
このキューシートがかちっと取り付け取り外しができます。
フロントバッグ用の受け金具に自作の金具です。
キューシートを受けるように実に器用に曲げられてます。
こういう人が好きだ!



あ~。
この人からもいろいろ聞いたのに・・忘れました。
ひとりとして同じというのがないのが楽しい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする