teeter-totter

志野の映画やTVや本や旅行や美味しいモノに関する与太話。
日常つぶやきはtwitterです。ブックマークから。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

2005-11-12 23:11:29 | 映画
監督:山崎貴
出演:
堤真一/吉岡秀隆
小雪/薬師丸ひろ子
掘北真希/もたいまさこ
三浦友和

昭和33年、それは戦争が終わってたった13年、けれど人々は未来を信じて前進し続けていた。活気に溢れた町はどんどん姿を変えていく。東京の風景は、どこからも工事中の東京タワーの姿が目に入るようになる。
生まれていないのに、どうしようもなく懐かしいような風景たち。
集団就職、冷蔵庫・テレビ・洗濯機という三種の神器、ミゼットが走り都電が行き交うまだまだのんびりした街並み。
どんどん上へ伸びていく東京タワーの工事と共に、夕日町三丁目という架空の町を舞台に下町に生きる人々の泣き笑いの日常が描かれている。
集団就職で上京してきた六ちゃんの住み込み先は自動車会社とは名ばかりの鈴木オート。ちょっと口が悪くて態度が横柄な社長は新し物好きで、息子は注文したテレビが届くのを今か今かと待っている。力道山のプロレスを見るのが楽しみなのだ。お向かいの茶川商店の主人は文学賞に落ちてばかりの売れない作家。子供向けの冒険小説を書いてなんとか生活している。ひょんなことから飲み屋の美人ママ・ヒロミから淳之介を預かることになる。最初は面倒だった子供との暮らしだったが、淳之介が茶川の冒険小説の大ファンだったことから、だんだんと変わっていく。
近所中が知り合いで、珍しいテレビを見に集まってきたり、突然大喧嘩が始まったり・・・。オープンで温かい人付き合いが残っている時代の良さが滲み出てくるような画面。30年以上も連載が続く漫画だけに、登場人物達も個性的で、画面の片隅の人でさえもあなどれない。
茶川と淳之介が心を通わせていく過程も良かったが、アクマ医師のエピソードが涙を誘う。戦争が遠くなかった時代、みんなの笑顔の奥にはたくさんの喪失が隠されている。だからこそ、人々は前へ前へと向かっていたのかもしれない。今という時代に生き残った者の責任として。そんな切ないエピソードはあるが、とにかく夕日町の人々が一生懸命生きている様子が見ているこちらにも活力を与えてくれるようで、特に江戸っ子の鈴木オートの歯切れの良いしゃべりが気持ちいい。しっかり奥さんの尻には敷かれているけど。堤真一がどんどん良い役者になってる。そして堀北真希はドラマ「野ブタ。をプロデュース」でも良いと思っていたけど、彼女の東北弁に惚れたかも。
「夕日町三丁目の一年」とも言えるこの映画、VFXが得意の山崎貴監督でなければこの昭和33年の東京の町は再現出来なかっただろう。
一緒に見に行った母もいろんなことを思い出して懐かしかったようだ。お隣に座ったご夫婦もしきりに懐かしがってコメントを挟みながら観賞しておられた(それは少々迷惑だったけど・・・)。監督の言うように、親子二世代のコミュニケーションツールとして十分機能する作品だと思う。
ちなみに母の家は早々に三種の神器は揃えたそうです。祖父が新し物好きだったので。氷の冷蔵庫は意外に長持ちしたそうですよ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ティム・バートンのコ... | トップ | 紀宮清子さまご結婚 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ピエール瀧 (にら)
2005-12-02 15:26:55
アクマ先生の過去のエピソードも切なかったですけど、ピエール瀧演ずる氷屋さんが無言で立ち去る未来へ、つまり現代に続くエピソードも、切なかったです。



てなわけで、TBありがとうございました。
>にら さま (管理人)
2005-12-05 15:02:10
コメントありがとうございます。

氷屋さんの去っていく後ろ姿は本当に切なかったですね。

TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-11 14:56:28
はじめまして、TBさせて頂きます。

この映画、懐かしくあたたかい映画でしたよね。

最後の夕日の場面は、とても印象的でした。

氷屋さんの場面も切なかったですよね。
>nao さま (管理人)
2006-01-11 18:53:21
TB&コメントありがとうございます。

特撮CGを巧く使った心温まる作品になっていますよね。

最後の夕日は本物の夕日を待ったとか。昭和30年代への制作者側の思い入れも感じられます。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
「ALWAYS三丁目の夕日」の漫画と作者の素顔 (筑波で映像を作る大学生のVLOG「やすログ」)
僕の一番好きな漫画は知人なら間違いなく当てることができます。 それは「三丁目の夕日」 そう、現在映画「ALWAYS三丁目の夕日」として 話題になっている作品の原作マンガです。 私の部屋には復刻版シリーズが全巻そろえていますw 西岸良平さんのすごさは 映画にもな
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
○ALWAYS 三丁目の夕日./CGよかった (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
昭和33年建設中の東京タワー、その東京タワーを背景に 下町「夕日町三丁目」でおこる笑いと涙の物語り。 鈴木オートは、短気だが家族思いの、父、則文(堤真一 ) と優しい母、トモエ、やんちゃな息子、一平 の3人暮しだった、向かいの駄菓子屋には、売れない 小説家、茶川竜
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...