HUMAN-ERROR MONOLOGUE

シンイチ……
『悪魔』というのを本で調べたが……
いちばんそれに近い生物は やはり人間だと思うぞ……

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL機、福岡空港離陸直後、エンジン火噴く

2005-08-13 15:39:06 | HUMAN-ERROR

12日午後7時45分頃、JALウェイズ58便の左翼エンジンが破損
同8時20分頃、緊急着陸し、乗客乗員に怪我はなかった


よりによって日航機墜落の日に事故とは…
まぁJAL系列なんで、この偶然の確率は高かったわけだが

乗客はもとより、地上で目撃してた人も怖かっただろうなぁ
なんせエンジン部品が降ってきたんだから
DC10型機は'01に名古屋で同じような事故を起こし、部品をばらまいている

バードストライクではないな
同型機共通の不具合?
整備不備、不良?
何れにせよ日本航空に搭乗のさいは、なんらかの覚悟が必要のようで…
コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 夏バテの 身体労る 盆休み | トップ | 自民分裂選挙…刺客落下傘、滋... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
JALって (ひとり)
2005-08-14 01:55:32
JALの経費削減による安全軽視には強い憤りを感じます。

福岡空港は市の中心部に近く利便性の高い空港です。

利用者には便利ですが周囲には住宅や店舗が密集しています。

今回の落下物が小さい物であったために被害が少なかったのですが、もしも大きな落下物で有れば相当な被害が予想されます。

墜落となれば予想も付かない大惨事になっていたでしょう。

国交省も本腰を入れて調査・指導を願いたいものです。
ひとりさんへ (SHINO)
2005-08-14 10:05:15
今回の事故で国交省は調査派遣を行わないそうです

永田町はもう選挙しか頭にないんでしょうかね



小さな事故が多発し、それを放置すると、大きな事故となる…

ハインリッヒの法則だったかな

今回の件を『大きい』と、見なければ、大惨事も待ち受けている

そういう認識を持ってもらいたいですね
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 (アッキードF19で小沢一郎を撃退希望)
2018-08-12 19:27:53
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、
昭和天皇もご搭乗されているJAL123便が不時着し、全員 問題なく生存していたので救助を待っていたところ、日本の埼玉県警の警察官らを中心とした一団が襲いかかり、乗客乗員天皇陛下を虐殺した点が遺憾な状況と言えます。
木にくくりつけて焼き殺すなど、埼玉県警察らしい残忍な犯行で、大変いたましい事態が おすたか にて発生したのでした。

日航ジャンボ123を御巣鷹に不時着させるとともに日本人を中心とした乗客乗員天皇陛下の救援に最大限の尽力を行ったのは米国のみであります

コメントを投稿

HUMAN-ERROR」カテゴリの最新記事