二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

「出逢い」に偶然はなく、よほどのご縁

2021年02月22日 | 言葉のちから 心のちから

 人の出逢いってワクワクします

 あ~こんな素敵な人と出逢えるって、人生はまだまだ自分にサプライズギフトを用意してくれているな~と感じます。

 「今」ここに、この人生に生かされていることは、偶然ではなく、必然であり、よほどのご縁なのでしょう。

 

 出逢いは、「出」「逢う」のだから、心も行動も一歩踏み出し始めた時に起こる出来事なのだと今更ながら思います

 

松下幸之助さん、曰く(『道をひらく』より)

 おたがい、縁あってこの世に生まれてきた。そして縁あっていろいろの人と繋がりを持っている。

 縁あってー何だか古めかしい言葉のようだけれど、そこにはまた一つ深い味わいが潜んでいるように思える。

 人と人の繋がりというものは、とかく人間の個人的な意志でできたと思いやすいもので、だからまたこの繋がりは、自分一人の考えで、いつでも断てるかのように無造作に考えやすい。

 だが本当はそうではない。人と人の繋がりには、実は人間のいわゆる個人的な意志や希望を越えた、一つの深い縁の力が働いているのである。男女の縁もまたしかり。

 そうとすれば、おたがいにこの世における人と人の繋がりを、もう少し大事にしてみたい。もう少し有り難く考えたい。不平不満で心を暗くする前に、縁のあったことを謙虚に喜びあい、その喜びの心で、誠意と熱意をもって、おたがいの繋がりをさらに強めていきたい。

 そこから、暗黒も光明に変えるくらいの、力強い働きが生まれてくるのであろう。

 

また、中村天風さん、曰く(『中村天風一日一話』より)

 この世、このとき、我というものが生まれたのは、何万年も前から、我というものが、この世、このときに生まれ出るような、元があったから出てきたのだ。

 ただ、自分が、自分というものの存在を意識したのが、極めて短い時間であったというだけの条件で、この世に生まれたものは偶然の動機だと考えたら、それはあまりにも、自己を観る観方が、大きな誤算で行われていると言わなければならない。

 

 人生で何人の皆様と出逢えるか分かりませんが、心の捉え方と積極的に一歩踏み出す勇気が、素敵な出逢いをつくっていくのかなと、気持ちよく、心地よく、ワクワクしながら考えてました。

 そんなことを考えていましたら、私の大好きなアニメ『宇宙戦艦ヤマト』挿入曲が頭の中を巡ってしまいました。笑😆

 この曲、ヤマトの中でも大好きな曲の一つです♬

 

 
宇宙戦艦ヤマト「英雄の丘」

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント (4)