ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

NY株、債券利回り上昇で利上げ懸念再燃で小幅安、一方、G7でロシア制裁申し合わせも意見の相違とシンガポールCNA,韓国7月から電気・ガス値上げと韓国KBS(学校で教えてくれない経済学)

2022-06-28 12:38:14 | 経済学
「ドイツ南部エルマウでのG7会合で27日、ウクライナ支援とロシア制裁継続で共同声明を発表した。一方、ロシア産原油の価格上限を設けることで協議したが詳細は決まっていない」と27日、FT(フィナンシアルタイムズ)は伝えた。27日、WSJ紙電子版は「①中絶禁止の米最高裁決定を受けて全米で予約見合わせが増加している、②ロシア債券が欧米の制裁で利払いが行われていない(デフォルト)、③インドはロシア産原油輸入の正当性を主張している」と伝えた。27日、ブルームバーグ電子版は「①ロシア軍はキーウのショッピングモールをミサイル攻撃、多数の死傷者が出た。G7へのロシアの威嚇攻撃と見られる、②国債利回りが上昇、利上げ懸念が再燃、NY株はハイテク株中心に値下がりした。③リビアでの政治危機、エクアドルでの反政府デモでNY原油は反発した」と伝えた。

週明け27日、NY市場で、ダウは31,438ドル、62ドル、0.20%安、S&P500は11ポイント、0.30%安、ナスダック、11,117、3ポイント、0.03%安で取引された。個別銘柄ではテスラ734.71ドル、0.32%安、アマゾン、113.22ドル、2.78%安、アルファベット2,316.67ドル、1.82%安とそれぞれ売られた。恐怖指数VIXは26.95と1.03%低下、米10年物債利回りは3.202%へ上昇した。NY外為で1ドル=135.38円、1ユーロ=143.31円、1英ポンド=166.09 円と小動きに終始。NY原油(WTI)はバレル109.57ドル、北海ブレント、同115.09ドルと反発した。NY金はオンス1,824.80ドルと引き続き冴えない。ビットコインは2万861ドルと3万ドル割れから立ち直っていない。

28日、NHK/BS「ワールドニュース」は朝5時から始まる。神戸の日の出時刻は4時49分。東の空がうっすら明るい。一番手は英BBC。「ウクライナのショッピングモールがロシアのミサイル攻撃で少なくとも10人が死亡、40人がけがをした。少なくとも1,000人がいた。G7がドイツで開かれておりウクライナ問題を討議していた。ロシア側から公式のコメントは出ていない。英ジョン首相は「解決には時間と忍耐が必要だが時間がかかれば英国にも負担がかかる。」と述べた。食料危機についても話し合われた。一方、NATOのストルテンブルグ事務局長は「NATOは現在の7倍の30万の軍隊をバルト3国、ポーランド、フィンランド、スエーデンを念頭に配備すると語った」と伝えた。シンガポールCNAは「G7にはインドネシア、インド、南アフリカ、アルゼンチンが招かれ世界の食料不足問題を討議した。G7には明らかに意見の相違が認められた」と伝えた。

韓国KBSは「①韓国の北部は猛暑。南部は大雨。7月から電気ガスが値上げされる。②ユン韓国大統領は29日のスペインでのNATO首脳会議に出発した。バイデン米大統領、日本の岸田首相と会談予定である。」と伝えた。上海衛視は「29日から店内を制限をつけてオープンする。」と伝えた。スペインTVEは「プラド美術館が28,29両日閉館され、NATO首脳会議場として使はれる。」と伝えた。ドイツZDFは「ゼレンスキー大統領はG7にオンライン参加した。年末までに戦争を終わらせると述べ、支援を求めた。」と伝えた。(了)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« セミナーにて:巨鍼の切皮角... | トップ | 米利上げ懸念からリセッショ... »
最新の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事