ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

「足関三穴」と「回旋鍼の原理」 (8/25日の臨床実践塾の準備)

2019-08-12 10:27:35 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。


 

胸椎の捻れのテスト



きょうの記事は「易」が入るので、少し難しいかも知れません。
「易」と聞いてアレルギーの出る人もいるようですが、それは単なる拒否反応で、少し考えると「拒否」がなくなると思います。

たとえば、「科学が全てだ!」と考えている人も多いと思いますが、科学では解けないこともたくさんあります。
「生命の誕生」もそうですね。

水素と酸素が結合したら水になります。
その水に、ミネラルやビタミンが加わると、栄養豊富な水になり、そこに太陽光線(太陽エネルギー)が当たると生命が誕生します。
アメンボーなどがそうですね。
仮に、「太陽エネルギー」が無かったら、どうなるでしょう。

太陽エネルギーのおかげでオタマジャクシも生まれてきます。
そしてオタマジャクシはやがてカエルになります。
それらの生命に深い関わりのあるのが「太陽エネルギー」です。
太陽エネルギーが無ければ、生命は途絶えてしまいます。

きょうは、そんな自然にあるエネルギーを考えながら読んでみてください。

回旋鍼の仮設はこうです。

① 人体は、何かのエネルギーが働いて生命体を維持している

② そのエネルギーは多分、太陽エネルギーと相対的なエネルギーが関係している

③ 太陽は陽性なので、陽性のエネルギーが働くはずです

④ 陽性なエネルギーは、時計回りに回転すると考えられる

⑤ 相対的なエネルギーは、地球からのエネルギーと考えられる

⑥ 地球からのエネルギーは、基本的に反時計回りと考えられる
その説明をツル植物に当て嵌めようとしたのですが、ツル植物の巻き方は左右どちらもあるので、ここでは太陽エネルギーを下降エネルギーとして、地球からのエネルギーを上昇エネルギーとして考えていきます
つまり、太陽エネルギーと地球エネルギーは相対的と考えるわけです

⑦ そのエネルギーの作用が、足関三穴を使う時に、多くの人が「右の足関三穴」を使うことになったと考えられます(左の足関三穴を使うのは非常に少ない)

⑧ ですから、ヒトには、下降エネルギー(太陽エネルギー)が働いて、右足に負荷がかかっていると考えられた

⑨ 太陽エネルギーと拮抗するエネルギーを上手く調整すれば、我々の健康も維持しやすいのではないかと考えられます

⑩ つまり、それら二つのエネルギーの力に強弱が出たり、二つのエネルギーのバランスが崩れたりすると、人体にヒズミが出て、何らかの症状が発生すると考えられるので、その二つのエネルギーの力やバランスを調整するためのテクニックが必要ではないか、と考えたわけです

⑪ 具体的には、足関三穴を上昇エネルギー、回旋鍼を下降エネルギーと考え、その双方の回転方向や力を調整するわけです

それを証明する一番簡単な方法は、上の写真にあるように、手を頭の後ろで組み、左右に捻じってみることです。
それから「回旋鍼」をして、再び手を頭の後ろで組み、左右に捻じってみます。
ビフォーよりアフターの方が明らかに捻れるはずです。

つまり、「回旋鍼」で捻れが調整されたのです。
この記事についてブログを書く
« [学校で教えてくれない経済学... | トップ | 急性膀胱炎:急患を回旋鍼で... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事