ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

地政学リスクやや後退としてNYダウ212ドル高、一方、NY原油、バレル66ドル台へ反落、日米首脳会談控えドル安。円高進む(学校で教えてくれない経済学)

2018-04-17 12:23:34 | 経済学
「任務は完了した」と米英仏3ケ国によるシリア化学兵器工場へのミサイル攻撃翌日、トランプ大統領は宣言した。これを受けてNY原油(WTI)は反落、バレル66.20ドルで取引を終えた。米英仏の対シリアミサイル攻撃に報復攻撃がなかったことで地政学的リスクが後退したとして週明け16日、NYダウは212ドル高、2,570ドルで取引を終えた。週明けから始まる米企業の1~3月決算への期待感も相場を支援した。NY外為市場はドルが売られ1ドル=107.09円、1ユーロ=132.61円で取引された。一方、NY金は米国が新たなロシア制裁発動と伝えられてロシアルーブルが一時1ルーブル=62セントへ急落、ルーブル安からパラジウムが急騰、金が連れ高、オンス1,350.70ドルへ上げたと17日付ブルームバーグ電子版は伝えた。BrendanMurray記者は「トランプ大統領は中国とロシアは自国経済のために通貨切り下げゲームを行っている。容認できない」とツイッターに書き込んだ。」と書いた。

17日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「コミー前FBI長官は米ABCのインタビューで「トランプ大統領は道徳的に大統領に不適格な人物だ。彼は嘘つきだ。信頼できない。」と語った。「彼はFBIによるロシア疑惑捜査を妨害したのか」とのABC記者の質問に「それは明らかだ」と答えた。コミー氏による暴露本が17日出版される。コミー氏の名誉をかけたトランプ氏とのバトルが始まる。」と伝えた。英BBCは「14日シリア入りした化学兵器調査チームOPCWはダマスカスに到着した。しかし、現時点では調査を許可されていない。ロシアのラブロフ外相は英BBCとのインタビューで「西側とロシアとの関係は冷戦時代以上に悪化している。西側は奇妙な論理でロシアの行動を非難している。」と語った」と伝えた。アルジャジーラは「OPCW調査団は安全上の理由として化学兵器使用調査を足止めされている。」と伝えた。中国CCTVは「米英仏3国の対シリアミサイル攻撃は国連憲章および国際法に対する明確な違反であると華報道官は語った。中国はシリアが核兵器を使用したかについての調査を支持する。西側は調査結果を確認なしにミサイル攻撃に踏み切った。」と伝えた。

香港TVBは「16日、王毅外相は河野外相と会談した。日中両国の外相による会談は8年ぶりとなる。中国はこのところ日本との関係改善のペースを上げてきている。米国の貿易政策に対して日中が反対の意思を示すことで米国にブレーキをかける狙いだ。安倍首相の米国訪問前の会談となった。今回の王毅外相の訪日は、李克強首相の日本訪問、習近平国家主席の日本訪問の地ならしと見られる。習主席は昨年末、日本との関係改善を表明している。日中が新たな関係に入ることができるか注目されている。」と伝えた。

「ワールドニュース」でインドで年間1,000万件の結婚式が行われ、人口13億、平均年齢27歳、膨大な結婚予備軍がいる。インドは結婚式に一生のお金の30%を使う。結婚式ビズネスで日本企業でパナソニックがリードしているが企業間競争は熾烈化している。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
« 七星論での一穴鍼法とは何か... | トップ | 一穴鍼法が上手くなる秘訣 ... »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事