ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

便秘

2021-11-23 12:08:40 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



便でも腰が痛くなります



特殊鍼法研究会の会員さんで、「便秘の臨床報告」をしてくれた方がおられました。
ちょっと過激になるので、信じ難いかも知れませんが、真面目な先生方なので、その通りだと思います。
研究会のサイトには添付されず、直接私にご報告してきました。

ありがたい方々です。
ありがとうございます。m(__)m

1.京都で訪問治療をしている先生です
水曜日に訪問したところ便秘でピコスルファートを月曜日と火曜日に服用されたそうですが、水曜日の朝、腸がぜんぜん動いていないと看護師さんがおっしゃってました。
水曜日の朝に訪問鍼灸で特殊鍼法をしながら腹部マッサージをした後、午前中に排便があったそうです。
木曜日の朝も排便があったそうです。

2.富山で鍼灸整骨院を開業されている先生です
車で1時間あまりかけて来院する方(80歳ぐらい)ですが、50年前に出産して、それからずっと便秘で、ずっと薬で排便させていたそうですが、5回目の治療後(特殊鍼法での治療)、薬を使わなくても排便できていると話していました。

3.当院の通信治療の患者さんです
大病を患い、排尿も排便も上手くいかなかったのですが、(通信治療で)腹部と足にお灸をしたら、排尿も排便も上手くいったそうです。
と言っても、元気な時のようにスムーズではないようですが、何とか排泄できているようです。
通信治療で高齢の方なので、症状を把握するのが難しいのですが、LINEでやり取りしながら治療を進めています。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NYダウ引けにかけて急落、ナ... | トップ | 米債券が売られ10年債利回り... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事