ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

この頸椎調整は難しくない (11月25日の臨床実践塾)  

2018-11-22 18:46:05 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



頸椎調整の実験



私のところは、時間があればなにかの実験をするようにしている。
きょうは、実験の前に(非常に安全な方法なので)、3名の患者さんに使ってみました。

① 耳鳴りがしていた

② 頭がふらふらする

③ 肩がこる

いずれの方も重症ではなかったので、すぐに楽になったので、私としては非常に満足することができました。
頸椎を調整した後、
「どうですか?」と聞くと、一様に
「首がものすごく楽です」と言います。

そして、いよいよスタッフを引きずり込んで実験です。
と言っても、スタッフの方から、
「先生、さっきやってた頸椎調整はどのようにするんですか」と聞いてきたのです。

「絶対内緒にするなら教えますよ (^o^) 」
と言いながら、説明をして、教えるついでに頸椎の矯正までしてあげた。
矯正にかかった時間は、せいぜい2~3分です。

すると、一人は、
「やってもらっているときは、そんなに感じなかったのですが、今起きたら、頭の前がスーッとしてきました」と言い、もう一人は、
「首コリだと思っていたのですが、柔らかくなったみたいで、肩こりが楽になりました。軽いです」
と言っていました。

このテクニックは、  今度の臨床実践塾  で公開しますので、今まで頸椎の矯正に自信のなかった先生方でも、自信を持って、頸椎の矯正ができるようになると思います。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝祭控えて様子見NYダウ横... | トップ | 連鎖・連動の実験 (11/25の... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事