ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

学ぶ意欲で事業継続‥‥。学ばなければ廃業です

2020-03-24 12:55:03 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




学ばないと廃業です 



東洋医学の業界では、毎年新しい治療院が開業されています。
どんどん、どんどん設立されています。
しかし開業して3年で70%がなくなります。
一般の法人だと、10年で90%以上がなくなっていると言われるので、治療院もそれに比例しているか、それ以上だと思います。

なぜ、開業した治療院の7割が3年でなくなるのか。
その原因は・・・

廃業の決定的な理由は、「集客不足」⇒「売上不振」⇒「債務不履行」です。
つまり、お客さんを集めることができないから支払いが出来なくなり、治療院の継続が出来なくなるわけです。

では売上不振に陥る原因は何かというと、誰でも知ってる通り、
お客さんを集めることが出来ないからです。
言い方を替えれば、世の中の変化についていけてないからではないかと考えます。

特にIT社会になってからは、ものすごいスピードで社会が変わっています。
ですから、その変化に合わせて自分も変化しなければ取り残されてしまいます。
取り残されたものに振り向く人はいません。

鍼灸業界では、「パソコンなど使えなくていい」と考えている人もいますが、私はそうは思いません。
今は小学生からパソコンを使う時代です。
その子供たちは、パソコンを使うのが当たり前になっているのです。
だから、パソコンが使えないと、「話が通じなくなる」のです。

そうならない為には「学び続けなければならない」と思うのです。
「学んでない人」や「学ぶ意欲のない人」は、そのまま沈んでいくしかないのです。
「過去の人」になるしかないのです。

凄まじく変化していくこの社会で事業を維持するには学ぶことしかないと思うのです。
学ぼうとしない人は沈むしかないと考えているのです。

しかし、学ぶにはお金がかかります。
そのお金をどこから捻出するかというと、自分が運営する事業からというのが基本だと思います。

では、我々の斯界で利益を上げるにはどうすればいいのか。

やはり学ばなければわかりません。

そこで私は、今年の1月末に「しちせい特殊鍼法研究会」という学ぶ場所を作りました。
そこに参加してくれた方々には、惜しみなくいろいろな「治療テクニック」や「経営ノウハウ」を教えています。
同時に、私も学び続けていることは言うまでもありません。

3月29日(日)午後5時から、そのような話と「臨床報告」をしようと思い、ウエブセミナーをする予定です。
費用は無料ですが、「遊び半分の人」や「無料だから」と中途半端な気持ちで参加する人は、途中でも退席してもらいます。

興味のある方は、下の申し込みフォームにお名前とメールアドレスを記入して送信してくだされば、Zoom入室案内を送らせて頂きます。
定員は、先着順で10名以内の予定です。


この記事についてブログを書く
« NYダウ、続落、18,591ドル... | トップ | 米議会で新型肺炎ウイルス対... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事