ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

書道部 偏頭痛 活性鍼

2021-06-14 10:22:12 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




書道部の印刷が印象的でした



先日来られた方ですが、今年高校にい入学したばかりの女の子です。
脊椎診をしようと背中に回ると、バーンと目に入って来たのが「書道部」と書かれたTシャツ。
「書道部」の書道という感じだったので、

「お、これカッコいいな。写真撮らせてくれない」と頼み、写真を撮らせてもらった。

おっと、話が横に行ってしまいましたが、この子の主訴は「側頭痛」でした。
脈では、「ちょっと肝経が弱いかな」という程度でしたが、腹診をすると、臍の周囲に塊がある。
「ん、ン?」と思いましたが、すぐに食べ過ぎとわかった。(^_^;)

なので、「食べ過ぎたんやろー」と言うと、お母さんまで大笑いしていた。
となると、治療は簡単です。
側頭部→胆経か三焦経→査穴で解決になるのですが、「鍼が全くダメな子」なので、
「痛くないようにするから、かる=く鍼をさせてくれないかな」と頼んで、かる~く、かる~く、ほんとにあさ~く、頭部だけの活性鍼をさせてもらいました。

経絡でも痛みは取れるのですが、「鍼が全くダメ」だし、手足の経絡だけだと戻る可能性があるので、活性鍼で活性化させようと考えたのです。
それから、タイ式マッサージのできるスタッフにお腹を解してもらいました。

治療としては簡単でしたが、Tシャツの「書道部」の写真が使いたくて記事を書いた次第です。(^_^;)

この記事についてブログを書く
« キキョウの花が4輪揃ったとこ... | トップ | NYダウ小幅安、ナスダック小... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事