ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ビヨーキもカードも、「私は大丈夫」が一番危ないそうです

2019-09-21 07:35:10 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




やっと解決です(復刻版) 



JCBカードで買い物をしたのが原因だったようで、カードが他所で使われたようです。
そのため、JCBさんが、「一時使用停止」にしてくれました。
Facebookにも書いたのですが、最近は「カード詐欺」が極端に増えているようです。

それで、私のカードも、その危険性があるということでJCBさんが「一時使用停止」にしてくれたわけです。

しかし、それからが問題でした。

私が使っている「gooブログ」の自動決済にも、そのカードを使っていたものですから、当然「自動決済」ができなくなり、gooブログが「無料版」になったわけです。
無料版になると、広告が出てくるようになります。

参りました。

それからJCBさんやgooブログさんとやり取りをしたのですが、
本人確認の為に「身分証明」のできる書類を郵送で提出してください、なんて言われ、郵送で免許証のコピーを送ったりしました。

そして、一番煩わしかったのは、JCBで決済した明細の確認です。
電話で、

「〇月〇日の○○円は間違いありませんか?」

「〇月〇日の○○円は間違いありませんか?」

「マレーシアドルで支払われたのは覚えていますか?」

「マレーシア? 行ったことないし、記憶にないのですが……」

「はい。承知致しました」

※ 日本の大手のネットショップで買い物をしたのですが、メーカーが外国になっていて、カード決済も外国になっていたようです。
※ ここが大きな問題だったと思われます。

といちいち明細の確認をするわけです。
その中には、何の決済なのかわからない少額決済もありましたが、めんどくさいので、
「はい。OKです」
「はい。多分大丈夫です」

なんて、承認していき、ようやく解決です。
文章にすると、2~3分のように思うかも知れませんが、わからないのもあったので、確認をするために、何日もかかったのです。

JCBとの、そのような会話の中で、
「JCBさんも、このような対応をするのは大変ですねー」と言うと、
「今、すごく多いんです」と言っていました。

そして、JCBカードは「限度額設定」が低かったので、多くの契約に使っていました。
つまり、「JCBで自動決済」にしてあったのです。
そのため、それら全てのカード契約を変更する必要が生じてしまい、その手続きをしたのですが、結構手間がかかります。

でも、変更しておかないと、先方に迷惑が掛かるので、できるだけ急いで処理しました。
そしてやっと、片付けました。
思わぬ雑事でした。
この記事についてブログを書く
« NY市場はFOMCイベント... | トップ | 米中貿易協議進展懸念からN... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事