ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

トランプ、キム両首脳シンガポールに10日到着、トランプ氏は「キム氏が全てを清算するためにギャンブルに出るか自分の目で確かめようとしている」とブルームバーグ電子版は書いた(学校で教えてくれない」経済学)

2018-06-11 08:32:02 | 経済学
「トランプ米大統領は10日夜、カナダ発の大統領専用機でシンガポールに到着した。キム北朝鮮委員長はこれに先立ち、10日午後3時に、シンガポール、チャンギ空港に到着した。飛行場で「ご感想は」と問われたトランプ氏は「Very Good」と答えた。トランプ大統領はカナダサミットを中座、出発先のカナダ、ケベック空港で「Within the first minute,I’l know」「My touch,My feel,That’s What I do」(第一印象でわかる。感触をつかむことが今回の仕事だ。)と述べた後、トランプ氏は「But,never been done,never been tested(今まで一度も試みたことがなかった仕事だ)と述べた」と9日午前8時発電、ワシントンポスト紙電子版でAnnaFibelt記者、Philip Rucker 記者が書いた。

同記事によれば「北朝鮮問題担当の米国務省、JosephYun氏は「トランプは北朝鮮の非核化と核弾頭ミサイル撤去を要求するだろう。一方、キムは朝鮮戦争の終結と政権の安定確保である。キム氏は経済特に制裁解除を重視している。しかし、現時点では、どのような合意が成立するか全く予測がつかない。もし、上記の点で何らかの合意が得られた時点か外交交渉が始まることになる、」と述べた。トランプ、キムの二人は、6月12日午前9時からカペラホテルで対面する。キム氏を一目見ようとホテルまでの沿道に住民、観光客、報道陣が列をなした。キム氏しにとって2011年に権力の座を占めてから最も遠距離の外国訪問となった。キム氏は今回の会談で国際的政治家(Interanational statesman)たろうとしている。キム氏は一泊8,000ドル(約87万円)のスイートルームを予約した。シンガポールが1,500万ドル(約1億6,000万円相当)資金提供する。ホワイトハウスはキム氏の滞在費を米国が用意するとしている。」と書いた。

同記事によれば「キム氏一行は3機で構成されていた。一番機はキム一行の身の回りの資材及び機材、2機目は中国航空ボーイング747機、通常中国高官の使用機で今回代表団随行員が乗せ、北京を10日朝8時30分飛び立った、3機目はキム委員長専用機でソ連製のイリ―ジン62、ピョンヤンを10日午前10時に飛び立った。同機に5月北京訪問、習主席と会った時使用した。遅れてキム委員長を乗せた飛行機が到着した。」と書いた。一方、10日NYタイムズ電子版は「トランプ米大統領が10日夜、シンガポールに到着した。」と書き「非核化問題が討議される。しかし、トランプ大統領には核専門家を側近に用意していない」と書いた。10日付WSJ紙電子版は「トランプ、キム両主脳がシンガポールに到着した。トランプ大統領はキム氏と会って感触をつかみたい。全てはそれからだ。」と述べた」と書いた。10日付ブルームバーグ電子版は「トランプ米大統領は北朝鮮が全てを清算するギャンブルに出てくるかを自分の目で確かめるために10日、シンガポールに着いた」と書き「北朝鮮経済の困窮がキムジョンウンの命運を脅かしている。キム氏はそれをこの機会に一気に清算したい。米国は朝鮮半島の完全かつ検証可能な非核化の考えを変えていない。一方、キム氏は朝鮮戦争の終結と韓国、日本の核の傘撤去を求めている。」と書いた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
« 美顔エステ | トップ | 頭蓋JAA(頭皮鍼)の効果的刺... »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事