ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

めまいとせんかん鍼、、、。七星特殊鍼法研究会について(1/26臨床実践塾準備)

2020-01-17 07:29:11 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。


 

ビフォー

 

アフター



「せんかん鍼」はほんとにすごい鍼です。
腰臀部に1本鍼をするだけで、こんなに変化が出るのですから。
しかも、1分以内で終わってしまうのですから‥‥。

この方は、「めまい」を訴えていましたが、先ほど来られた方は、何度か「肩の痛み」を訴えていたのですが、せんかん鍼を使ったら、それで治ったそうです。
さらに、この方の後に来られた方は、骨盤の歪みがあり、座位で鼠径部の痛みを訴えていましたが、せんかん鍼で調整できました。

「すごい、すごい!!!」
私が「すごい!」なんて言っても、手前味噌にしか聞こえないと思いますが、せんかん鍼で治療を受けた方や、当院のスタッフは分かっています。

せんかん鍼を使うと、上半身や下半身の歪みが、一瞬にして矯正されるのです。
「一瞬に」なんて言うと、これも「眉唾モノ」と言われそうですが、せんかん鍼を使う時は、多くが1分以内で、せんかん鍼の治療を受けた患者さんは、
「えっ? これだけでですか?」と驚きます。

で、写真の方ですが、脊椎診をすると、上部胸椎が右に曲がっていましたので、それが原因でめまいが起こっていたようです。
上部胸椎が右に曲がった原因は「肝」にありましたが、先にせんかん鍼で上部胸椎を整え、「めまい」の徴候を聞きましたら、首を左右に回し、

「何ともないようです。大丈夫のようです」と言っていました。

で、傍で見ていたスタッフが、

「首、回ってますよね」と、患者さんが言うべきことを先に言っていました。(^_^;)

1月26日(日)の臨床実践塾では、このようなテクニックをいくつか紹介しながら、「七星特殊鍼法」と「七星特殊鍼法会」の説明をしようと思います。
「七星特殊鍼法会」は、主に即効的な治療法を研究するために結成する研究会です。

ただ、Zoomを使ってやることが多いので、3~5人程度しか入れません。
ですから、興味のある方は、1月26日の臨床実践塾に参加するか、Zoomで行なうネット勉強会に参加されてください。
Zoomで行う勉強会は、このブログで、2~3日中にご案内致します。

新城針灸治療院:06-6765-7622
この記事についてブログを書く
« NYダウ、29,000ドル初めて突... | トップ | 米経済堅調、米中貿易戦争「... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事