ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

左の背中、胸椎5番辺りが凝っている・左の頭・後頭部・肝臓部・両脇 (3/29のウエブセミナー準備)

2020-03-26 13:11:09 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。


 背中の痛み


画像クリックで動画



東京で封鎖が始まりましたねー。
仕方がないのですが、どこまで続くのか心配です
オリンピックも延期になったのですが、我々ではどうしようもありません。

きょう来られた患者さんですが、
 左の背中、胸椎5番辺りが凝っている。
 左の頭痛がきそうな変な感じがしている。
 後頭部辺りも思い感じがしている。
 昨日肝臓部に痛みがあった。
 両脇腹の重だるい感じが続いていた。

というようなことを訴えていました。
あまり難しくありませんが、このような治療をするには「演算」が必要です。
つまり、症状の原因を絞り込む必要があるわけです。

私はそれを「七星論表」でやるのですが、七星論表がある程度頭に入ってなくてはできないことです。
こんどの日曜日(3/29)に、少しだけ七星論表の解説をしますので、時間のある方はzoom会場にお越しください。

下記のフォームから、お名前とアドレスを送って頂ければ、会場のURLを送らせて頂きます。

何の売り込みでもありませんのでご安心ください。(^_^;)
定員は、先着順で10名の予定です。



この記事についてブログを書く
« NYダウ、2.4%高もこの日の... | トップ | 眉の凝り? オリジナルテク... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事