ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

臨床実践塾のご案内

2018-06-12 08:15:03 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



頭蓋JAAでの下肢の治療 



【日時】2018年6月24日

【会場】 たかつガーデン(大阪府教育会館)

【申込】新城針灸治療院 06-6765-7622(木、金、土の10:00~19:00)


第一部:臨床方法の解説 (13:00~14:30) 参加費:5.000円

 頭蓋JAAで膝痛の治療
 膝痛を脊椎から治す方法
 頭蓋JAAで胸部の治療
 古い腱鞘炎とバネ指は巨鍼療法が早い
 頭蓋JAAで頭痛と頚椎を治す
 頭蓋JAAで足首の違和感を取る

上記臨床以外にもサプライズを計画中です


第二部:頭蓋JAA(頭皮鍼)と検査法 (14:45~17:00)参加費:10.000円

頭蓋JAAの理論による診断法の解説と実技
10月7日8日に、一般社団法人日本中医学会主催で、東京で学会が開催されます。
その学会に招聘されて講演をすることになっているのですが、その中で、昨日このブログに書きました「新しい診断法」も含めようかと考えています。
まだ組み立てている最中ですが、その診断法の源流はは前々からあるものなので、あと1~2週間もあれば、ほぼ完成させることができます。

患者さんは寝ているだけの「診断・治療」で、毎日の臨床でも遠慮なく使えますので、熟練するまでの時間も、そんなにかからないと考えています。
ただ、誰かに教えて、その人が熟練するまでにはちょっと時間がかかるかも知れません。
と言うのは、人それぞれの指先は、敏感な人もいればそうでない人もいますので、「あまり敏感でない人を対象」に考えるからです。
非常に簡単な方法ですが、指先での感触や、患者さんの顔色の変化などを診る必要があるので、多少の経験が必要なのです。
ですから、今回の臨床実践塾では、その診断法を参加者の皆さんにもぜひ覚えてもらいたいと考えています。
この診断法を覚えると、今まで診断で苦労していた人でも、自信を持って診断ができるようになります。

第三部:親睦会 (17:30~19:30)

いわゆる「飲み会」です。(^_^;)
親睦会で得られる情報と人脈は、その後の自分の発展に関係してきますので、時間の許す方は参加してくださいね!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ”いじめ”を生み出す「空気」... | トップ | 米朝首脳会談、FOMC,ECB理事... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事