ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

七星論の診断法と特殊鍼法は素晴らしい (1/26の臨床実践塾:セミナー説明会)

2020-01-11 15:52:06 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



七星論での「左頭七金」に刺鍼したところ 



7年ぶりに来られた方ですが、以下のようなことを訴えていました。

【両方の股関節が痛い。便秘がひどい。頭の左上後方が痺れるような痛いような感じがする。右上の歯が5か月ほど痛い。左太ももの前の奥(胃経)が痛い。下腿の胆経も痛い。手足の浮腫みがある。眼精疲労もある】

この問診されたのを読むと、原因がいくつかの経絡に跨っているように思われます。
一応、脈診もしたのですが、とりあえず歯の痛みから治めることにして、右の大腸査穴に鍼をすることにしました。

「歯は、今痛いですか?」と聞いたら、

「強く噛むと痛みます」と言うので、

「しめた!」と思い

「ちょっと噛んで確認してくれますか」と、歯の痛みを確認してもらったら、痛いと言います。

そこで、右大腸査穴に1本鍼をして、
「はい。歯の痛みは治まったと思います」と言うと、

「5か月も痛いし、歯医者にも行ったけど原因がわからないと言われているんですよ」と、ちょっと不服そうな顔をしていました。(^_^;)

「うん。でも、歯痛に関しては、かなり自信あるので、噛んでみて!」と言うと、歯を喰いしばるようにして、

「あ、えっ? 痛くないです」と言います。


次いで、
「頭の痺れたような感じも消えていると思いますが、確認してくれませんか」と言うと、頭に手をやり、あちらこちらと触っていたのですが、やがて、

「何でですか? なくなりました」と言います。

「両方の股関節の痛みも楽になっていると思いますが、念のためにもう少しお鍼をしておきますね」と、せんかん鍼をしました。(せんかん鍼は1分もかかりません)
「はい。これで股関節の痛みも、左の太ももの痛みも消えたと思いますので、確認してみてください」と言うと、股関節を叩いたり、足を曲げ伸ばししたりしながら、笑顔に変わってきました。(痛みがなくなっているのです)

そして、
「さっきは言わなかったのですが、ここも痛いのですが‥‥」と下腿の胆経辺りを触りながら言っていました。

「あ、それは、今矯正したのを波及させれば治まりますよ。つまり、ほっておいても治るものです」と言いながら、TSTという手法で、正常に矯正された状態を波及させました。
波及させると言っても、30秒もかかりません。

これで、症状は殆どなくなりましたので、治療を終了しました。
そして、帰り際に玄関まで送ったのですが、突然振り向いて

「手の感覚が違っています」と言うので、何が起こったのかと心配したら、

「握りやすいです」と言うのです。

「な~んだ。それは浮腫みが取れたからですよ」と言うと、

「そうですよね。握ったり広げたりするのがスッとできます」と言い、笑いながら帰っていきました。
この記事についてブログを書く
« NY市場、利益確定の売りで小... | トップ | 今度の実践塾でやる実験をし... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事