ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

右背が痛い・・・なのに左の腎査穴? 

2019-02-28 16:26:50 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



腎査穴への千年灸 



「右背が痛い」と言う方が来られました。
「右背」と聞くと、即座に「肝」を考えてしまうのですが、脈を診ると「腎」の脈が弱いので、「左の腎査穴」に鍼をして変化を聞いてみました。
座位のまま刺鍼したので、座位のまま、

「どうですか?」

「えっ? 何がですか?」

「いやいや、右の背中が痛いと言ってたじゃないですか」

と言うと、背中を動かしたり、左右に曲げたりしてから、

「取れました」と言う。

この方は「右の背中が痛い」と言ってるのに、「左の腎査穴」に刺鍼したのは何故だかわかりますでしょうか。
それは、七星論での「一穴鍼法」は、「脈位に順ずる」というのがあり、腎の脈位が左手にあるから、左に取穴したのです。

ご安心ください。
これは七星論を知らない人にはわからないことですので、「わからない」と不安がる必要はありません。
ただ、脈位の説明と使い方の説明をしただけです。

その後、経絡治療をしてから、腎査穴に「千年灸」をすることにしました。
千年灸は、左右のバランスを崩してはいけないので、左右の腎査穴にしました。
この記事についてブログを書く
« トランプ氏のロシア疑惑再燃... | トップ | かかとのひび割れは腸の異変... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事