ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

両肩が痛くて、横を向いて寝ることができない (5/27の臨床実践塾)

2018-05-15 12:18:33 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。

見ると極端な変化ではありませんが、痛みは取れました。

ビフォー                   アフター
 

 



「腰も痛いし、肩が両方痛いので、横向けに寝ることができない」という方が来られました。
これを七星論で考えると、
腎→腰痛→頚椎→肩関節という流れが考えられます。
そして頚椎の異変は肩関節にも影響するので、腎と頚椎を整えれば、腰痛も肩の痛みも解決できることが想像できます。

ですから本来なら、腰椎や仙腸関節を整えてから頚椎を動かしたほうがいいのですが、肩がかなり辛そうで下ので、肩から治療することにした。
治療前後の変化を本人にも知ってもらう必要があるんで、腕を挙げてもらい、肩関節の可動域から調べてみました。

それが上の左列の写真で、ビフォーになります。
それから、最近開発しているテクニックを使って、左右の前腕に各1本ずつ鍼をしてその変化を調べた。
それが上の写真の右列で、それがアフターになります。

検査から治療までは、わずか1~2分の治療ですが、それなりに可動域が広がっているのがわかります。
それから横向けに寝れるかどうかを確認してもらったら、横向けに寝て、痛みを確認して いました。
そして、反対側の横向けも確認してから、半分笑うような感じで、
「寝れますねー」と、ぼそっと言った。

しかし、それだけで終わると、根本的な原因と思われる「腎」の治療をしてないので、多分すぐに再発してしまします。
ですから、その後に「腎」の治療で巨鍼を使わせてもらった。
伏臥になり、右膈兪から大腸兪、左比喩から大腸兪までの巨鍼です。

巨鍼が済んでから、腰痛や肩の痛みを確認してもらいました。
どちらかと言うと無口な方でしたので、多くは語りませんでしたが、
「いいみたいですね」と、ぼそっと言っていました。

治療としては簡単な治療でしたが、個人的に言わせてもらえば、肩関節調整のテクニックは大いに役立つし両方だと思いました。

何故かと言うと、普段なら頚椎の調整もするのですが、今回は特に頚椎を調整しなかったのです。
と言うことは、新しいテクニックを使うことで、頚椎まで調整できていると考えることもできます。
つまり、多くの治療師が苦労する「頚椎調整」が自動的に行われると考えることもできるわけです。

しかし、巨鍼で腰椎を調整したので、その影響で腎が整い、腎を関係の深い頚椎まで調整されたと考えることもできますので、安易に「頚椎まで調整できる」とは言えません。

5月27日の 臨床実践塾で、 このテクニックを公開しますので、それを参加者の皆さんがン章で使ってもらい、その後に皆さんからの報告を集積して「新テクニックのご報告」をしようと考えています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 米中貿易戦争懸念後退、NYダ... | トップ | 北朝鮮、米朝首脳会談中止を... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事