ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

なぜ、いま即効的な治療スキルを身に付けることを勧めるのか?

2021-02-18 07:27:52 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。






患者さんが求める治療院はどんなものだろう

患者さんが求める治療院の条件にはいろいろあると思います。

① 治すのが上手い

② 院長がイケメンである

③ 治療費が納得できる

④ 治療院の場所が近い

⑤ 病気のことをよく知っている

⑥ 病気の説明をしてくれる

⑦ 有名な治療院である

⑧ 丁寧に治療してくれる

書き出すときりがないのですが、コロナウイルスへの感染恐怖は、おそらく優先して考えていると思います。
それは、各治療院の患者さんの減り具合を見ればわかります。

特に高齢者は、「家から出るのも怖い!」という状況です。
また、県を跨いで行くのも嫌がります。
そして、病院や治療院というのは「患者さんが集まるところ」です。
だから、治療院の患者さんも減っているのです。

それを解決するにはどうしたらいいのか。
私は、
1. 短時間に治療を済ませるテクニックを使う
2. 患者さんが来院する日にちを少なくする

の二つもポイントになるのではないかと考えています。
「それでは売り上げが減ってしまうではないか」と言われそうですが、コロナウイルス感染のことを考えていると、すぐに治まる「疫病」ではないようなので、長い目で見るとそう考えてしますのです。

そして、当院ができる事は、
・(手抜きをしない)短時間治療の方法を教える
・(家庭療法も含めて)治療効果が持続する治療方法を教える
等々が大切ではないかと考えています。

そのために、2/28(日)の臨床実践塾を、「特殊鍼法の体験会」と称して、初めての方でも、上記の条件に似合った治療を教えたいと考えているのです。
2/28の1日だけで、当院で常用している「診断と治療」の一部を学ぶ事ができます。

この2~3日で詳細を決めましたら、このブログやホームページに掲載させて頂きます。

この記事についてブログを書く
« 米国で新型コロナ感染者数減... | トップ | 米小売り高増加が相場をリー... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事