ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

PIP(近位指節間関節)が痛いときの治し方 (12月22日の臨床実践塾準備)

2019-12-01 10:15:12 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




写真① PIP(近位指節間関節) 




写真② 太衝(厥陰肝経の原穴) 



「小指の関節が痛い」と訴える方が来られました。(写真①)
見ると、「右手の小指のPIP関節」を押えています。
「これは基本配穴で肝の治療をするので問題ない」と思ったので、そこはそのままにして、他の治療を行いました。

そして、一応の治療が済んでから、
「小指の痛みは治っていますよね」と聞くと、小指を触り、

「痛いです」と言う。

「ん、ん、んん?」と思い、

「あそー、じゃちょっと待ってくださいね」と、右の太衝に鍼をして、(写真②)

「どう? 取れてきた?」と聞くと、

「あ、軽くなってきました」と言う。「軽くなった」では申し訳ないので、太衝に刺した鍼を軽く5回ほど捻鍼をしてから、

「どう?」と聞くと、

「あ、治ってきましたね・笑」と言うので治療を終了した。

小指は、経絡で言うと「心経と小腸経」が流れています。
しかし、なぜ肝経を使ったのかと言うと、人体惑星試論(通称七星論)を勉強した方ならわかると思いますが、PIP関節は七星関節配置で観ると「木=肝・胆」に属するのです。

「指関節が痛い」と訴えると、筋肉や関節の構造で考える場合が多いと思います。
しかし、筋肉や関節を動かして治ったように見えても、30分か1時間ぐらいで再び痛みが出てくる場合があります。
このような場合は、その関節に関係する臓腑を整えると治ってきます。

もちろん、この方の例のように、最初からその関節に関係する臓腑を動かしてもいいわけです。
「いいわけです」と言うよりは、それが根本治療になるのです。

この記事についてブログを書く
« 回旋鍼はやっぱりすごい! ... | トップ | シエール増産で、米国が石油... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事