ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

痺鍼(ひしん):タイムリーな方々(^_^;)

2021-11-18 13:33:06 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




右の親指を触るとピリピリする



11月28日の臨床実践塾で、
「痺鍼」(ひしん)というのをしますが、臨床が少なかったので、ちょっと心配していましたが、きょうの午前中に、「右の親指」とか、「右腕の違和感がある」と訴えて来た方型が来られました。
タイムリーな方々です。(^o^)

で、上の写真の方に「痺鍼」をして、
「どうですかね、親指は」と聞くと、左手で触り、こすり、顔が緩み、
「あ、取れました」と言います。



ここら辺がおかしいです


もう一人の方は、
「右の前腕に違和感がある」と言っていましたので、
「はいはい。面白い治療法があるんですよ」と言いながら、痺鍼をしました。

「どうですか?」と聞いたら、
「う~ん、まだちょっと違和感があります」と言うので、
「多分鍼の角度だと思います」と言いながら、鍼の角度を変えてやり直しました。

それから、
「どう? 今度は」と聞くと、ニコッと笑って、
「取れましたー」と言います。

お2人ともタイムリーな方々だと思ったので、熱が冷めないうちにブログにアップしておこうと、急いでブログを書きました。
それがこの記事です。

今度の臨床実践塾の準備として、「good timing」でしたねー。(^_^;)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NY株、反落、債券利回り低下... | トップ | 体が硬い »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事