ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

究極の「座位での巨鍼療法」を始めて公開致します

2018-08-07 16:58:19 | 診断即治療と虹彩学

この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。

 座位での巨鍼療法

画像クリックで動画再生



巨鍼諜報は、刺鍼よりも抜鍼のほうが難しい。
ですから、セミナーでは、口を酸っぱくして「抜鍼の大切さ」を話します。
しかし、この動画のような刺鍼は、抜鍼よりも難しいものです。

ただ、この座位での刺鍼ができるようになれば、相当上達していますので、難しい疾患にも対応することができます。
たとえば、「今週手術の予定」と言われる椎間板ヘルニアなどで、杖をついて来られた方や、介添えを必要としている方でも、その場で立って歩けるようになります。

ただ、誰にでも「座位での巨鍼」をする分けではありません。
その患者さんが、「座位での巨鍼に耐性があるかどうか」を判断してから行ないます。
動画を見て頂いたらわかると思いますが、そんなに痛みはありません。

※ 動画にある「水玉の痕」は他院で行なったものです。

動画を見て、「僕にもできるかも知れない」と甘い考えで巨鍼をしないでください。
そんなに甘くはないですから……。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ホワイトハウス、対イラン制... | トップ | アメリカの対イラン制裁にE... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事