ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

東京講演の内容はもちろん「人体惑星試論」です

2018-10-13 07:37:12 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。


配穴の基本になる「易」について



先ず、「何故私が七星論を考たのか」という説明をしたのですが、ちょっと難しかったかも知れない。
何故なら、中医学をやっている先生方がほとんどで、中医学では「陽は上昇する」というのが大前提になっているからです。

「えっ? 違うの?」と思った先生は、次の質問に答えてみてください。

① 陽は暖かいのか冷たいのか?

② 陽は下降することもあるのか?

③ 水蒸気は陰か陽か?

④ 水蒸気に比べて雨は陰性なのか陽性なのか

では最初の回答から考えてみます。
陽とは、「太陽の陽」ですよね。
それなら「暖かい」はずで、陽を冷たいとするとおかしなことになります。

それなら、水蒸気は上昇して、天空に行けば、地表にあった時と比べて暖かいのでしょうか冷たいのでしょうか。
上空は寒いので冷たいですよね。
寒くなると、水蒸気は集まって雲を作ります。
雲を作ったら、氷を入れたコップの結露と一緒で、周囲の水分子より重たくなるので、今度は雨や雪となって降ってきます。

降り落ちた雨は地中に浸み込んでいきます。
なので中医学では、「水という陰性は下降する」と説明します。
しかし、先ほども説明したように、その雨も水蒸気となって、再び天空へ上昇していくので、「水は下降だけではない」ということです。

となると、「水は陰性で、下降する。
よって陰性は下降する」と定義するのはおかしいことです。
水はいずれ水蒸気に変化して上昇するからです。

これを説明するには、水蒸気は水に比べて陰性なので上昇する。
よって、天空に行くと冷えて水蒸気より少し大きな塊になる。
その塊はやがて雨や雪となって、地表に降りそそがれる。
と説明したほうが、自然に従ったスムーズ解説だと思います。

つまり、「水」という物質は、「陰」にもなれば「陽」にもなるというわけです。
そこで大事なのが、「何と比べて」という前置きが必要だということです。
その前置きがなければ、説明不十分になるわけです。

では、経絡について考えてみましょうか。
経絡は、陰経とか陽経とありますが、中医学の「陰は下降する」の定義からすると、陰経の経絡も下降しなければならないはずです。
が、しかし、経絡での陰経は上昇しています。

どういうこと?

あんまり難しいことを言うと嫌われてしまいそうなので、それぐらいにしますが、東京講演では、経絡の並びについても、ちょっとだけ説明と実験をして見せました。
太陰肺経とか太陰脾経という配置をする時の、「易の卦爻(けこう)」の並べ方も説明したのですが、その中で、「十二消長卦(じゅうにしょうちょうか)」という特別な卦爻の並べ方も説明しました。

上の画像がその説明に使ったものですが、「卦爻」なんて単語は普段使わないので、みんな眠くなったかも知れません。(^^;) 
でも、それがなければ七星論での対応経絡や相生相剋の説明や、それらを応用した臨床方法、そしてその次に行う実技方法の説明ができないのです。

ですから、皆さんが眠たくなるのを覚悟で、解説を続けたました。
でも、寝る人はいなかったです。
熱心に聞いてくれました。
嬉しかったです。
この記事についてブログを書く
« 「驚恐して腎を病む」を見せ... | トップ | 米中貿易摩擦拡大懸念後退、... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事