ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ええーっ! 偶然にしてはちょっと

2021-09-13 11:39:30 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



402VIP ⇨ VIP402号室?

これはレーザー治療器の案内です



偶然というのはあるものですが、このレーザー治療器とも偶然がありました。
私が新大阪で開業したときの治療院が、「VIPビル402号室」でした。
このレーザー治療器のあ名前も、「402 VIP」となっています。

一瞬ヒヤッとしました。

新大阪のVIP402号室は、大阪市内でのスタートでした。
レーザー治療器もスタートラインに立ったところです。
さて、ではレーザー治療器のことを書いてみます。




スイッチを入れると赤いランプが点きます



スイッチONで、レーザーを作動させると、写真のように赤色のランプが点きます。
お腹を温めるのに今までは、ショウガシップ、遠赤外線、デト温パックなどとやってみました。
それぞれに、特徴があり、それぞれに良かったのですが、多少手間がいるのが欠点でした。

正直言って、体調が悪いときには、手間のいる事はやりたくありません。
この治療器は、そこをカバーしてくれるので、助かります。

そして、お腹にレーザーを当てているのに、腰まで暖かくなってきます。
ですから、脊柱管狭窄症、腹部違和感のある方、下腿の具合が悪い方々には喜ばれます。
もちろん、慢性的な腰痛の方も、です。

便利なので助かっています。
ただ、時間が計算できません。
というのは、このレーザー治療器は、最初の設定が30分になっているのですが、炎症が治まると勝手に切れるのです。

しかし、まだ炎症がある場合は、時間が勝手に延長されます。
ですから、早い人は17分とか19分で終わりますが、変調がある人は2時間なんてかかるそうです。
当院では、45分の方がいました。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« レーザー治療器での臨床開始... | トップ | 路傍のケイトウを描きました... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事