ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨鍼の制作から刺鍼まで (5/27の臨床実践塾)

2018-05-14 11:47:02 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



新城です。スタッフに巨鍼療法を教えているところです



ホームページの更新 をしました。

臨床実践塾のご案内です。

会場は 「新城針灸治療院」 です。


今度の臨床実践塾は、巨鍼療法の制作から刺鍼までを習得してもらう予定です。
巨鍼の制作は、渡部一貴先生が画期的な巨鍼の制作方法を考案したので、その方法を皆さんに公開してくれることになりました。

ただ、小さなモーターを使って鍼を研ぎますので、その時は、多少のモーター音もあり、金属屑も出ますので、会場はいつもの「たかつガーデン」(大阪府教育会館)だと、他の会議室を使う方々や、会館の職員の方々にご迷惑のかかる恐れがありまあすので、会場は「新城針灸治療院」で行うことにしました。

巨鍼を作るための道具や材料などの価格は以下の通りですが、ここには巨鍼の鍼体になるステンレス棒が入っていませんので、その分加算してください。
(本数によって違いますが、長さ50㎝で1本150円もあれば買えると思います)

以下は渡部先生(巨鍼制作の指導をしてくれる先生)がFacebookで知らせてきた内容です。

① 電池ボックス:128円
② カナオレGタイプ:110円
③ シールドクリップ:528円
④ 吸盤マルチクリップ:380円
⑤ ミニ四駆のライトダッシュ:300円くらい
⑥ ミニ四駆のシャーシギア:130円くらい
⑦ クリップ(写真では黒くて小さいやつ):家にあった小さいタイプ

⑧ ステンレス棒以外の合計は、2000円程度です

今週末までにご連絡を頂きましたら、当方で買い揃えさせて頂きます。
※ ステンレス棒は、何センチの巨鍼を何本つくるかで変わりますので、希望の長さと本数を
  お知らせください。

連絡先:06-6765-7622

当方が休診の場合は留守録をして頂ければ、折り返し連絡させて頂きます。



☆ メールフォームが上手く作動しないようですので、ご質問のある方は、  こちらから お願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 立ち上がれない。腕への刺鍼... | トップ | 肩が凝りすぎて肩関節まで痛... »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事