ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

米年内あと2回利上げ観測でNYダウ119ドル安、特に新興国からから米国への資金流出が加速懸念からNY外為市場で新興国通貨売り進む(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-14 09:54:26 | 経済学
米FRBは13日開催のFOMCで0.25%の利上げを決め年1.75~2.00%とし、米国経済が雇用増加見込みから年内あと2回の利上げを声明文に記載した。利上げ見通しを受けてNYダウは119ドル安、25,201ドルで取引を終えた。一方、NY外為市場では利上げは織り込み済みで小幅円高が進み、1ドル=110.15円、1ユーロ=129.99円で取引された。米国の利上げペースが加速すれば資金が米国へ流出することを懸念して新興国通貨が引き続き売られ、年初からアルゼンチンペソは27.6%、トルコリラは18.4%、ブラジルレアルは11%それぞれ対ドルで値下がりした。今後新興国通貨売りが進む可能性が高いと見られる。NY原油(WTI)はバレル66.64ドル、NY金はオンス1,301.30ドルと共に小動きだった。

14日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で韓国KBSは「韓国統一選挙で与党「共に民主党」が圧勝した。米朝首脳会談開催で朝鮮半島で和平が進むとして現政権を国民が支持した」と伝えた。14日朝放送の英BBCは「ポンぺオ米国務長官は日米韓外相会談のため韓国を訪問した。13日、「朝鮮日報」は米朝首脳会談の様子を大々的に伝え「北朝鮮に対する制裁解除が進む」と伝えた。お互いの理解に相当のずれが見られる。トランプ大統領は「米韓軍事演習を中止する」と帰国後再度言及した。」と伝えた。14日朝放送の豪ABCは「トランプ米大統領は米韓軍事演習を中止すべき時期が来た。金のむだ使いだと繰り返し発言した。現在2万8,000人の米軍が韓国に駐留している。この日も1970年以来と変わらず演習を行った。」と伝えた。14日朝放送の中国CCTVは「中国外務省、耿報道官は「ポンぺオ米国務長官が13日訪中、米朝首脳会談の様子を中国政府に伝え、今後の朝鮮半島情勢について意見交換を行った。朝鮮半島の非核化について共同声明に具体的内容が記載されていないとして批判がある。米朝首脳会談はあくまで第一歩である。そもそも解決に時間のかかる問題である。中国は一貫して朝鮮半島の非核化へ向けて協力する」と述べた」と伝えた。

14日朝放送のロシアテレビは「プーチン大統領は13日、FIFA総会でWellcome toRussia と挨拶した。この日2026年のワールドカップ大会はアメリカ、カナダ、メキシコ3国共同開催で決まった。プーチン大統領とこの日会談したFIFAアメリカ事務局長はワールドカップロシア大会入場券19万枚が売れたと語った。プーチン大統領はワールドカップ開会式に訪れる各国首脳と次々会談した。ロシアの12の競技施設から世界最高のプレーが放送される」と伝えた。ロシアテレビは「インド外相が13日、プーチン大統領と会談した。インド外相はロシアとの良好な関係が続いていると語った。プーチン大統領は今年の秋インドを訪問する」と伝えた。

14日朝放送の米ABCはトップで「トランプ大統領の特選弁護士コーエン氏がFBI捜査に全面協力すると発表した。疑惑解明が今後さらに進むと見られる。」と伝えた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
« 米朝首脳会談後、市場の関心... | トップ | 左足の第一趾(親趾)と第二... »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事