ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

目から体の未来を観る : 10月24日の臨床実践塾

2021-10-19 12:43:12 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




心筋にアクティブなサインが‥‥



今月の24日は、「目の分析」をちょっと解説します。
長年虹彩学やスクレオロジーの研究をしてきましたが、ようやく役立てられそうな時代になってきました。

マーケティングでは、「予防法は売るな!」と教えているところもありますが、それはマーケティングの目的が、顧客のニーズをつかんで、最も有利な販売経路を選び、需要の増加を図るのが目的だからです。
つまり、何かを売るのが目的だからです。

ところが、一般的には、自分の体について「知りたい」と考えている人は多いのです。
特に、自分が重要ポストにある人は、その傾向にあります。
歯車に喩えると、自分が一つのギアであれば、「欠けても大丈夫だろう」と考える人もいると思いますが、自分が「軸」だとすると、それができないからです。

上の写真を見てください。
黄色い丸で囲んだところに、アクティブな反応があり、線(血管)が水平状から上に向かって曲がっています。
これは、「今後、頭部(脳など)に何らかの異変が出て来ますよ」というサインなんです。

このように体に現れた変化を観て、それに対処していくのが我々の役目の一部だと考えています。
対処する方法にはいろいろあります。
ただ単に、「ここに 鍼を刺せばいい」なんてものではありません。

「コロナが修まってきた」と喜べない材料があるからです。
たとえば、感染者数が減ってきたと言われていますが、ネットによると、
「PCR検査を減らしているからだ」という意見もあるし、ロシアやヨーロッパなどでは感染者が増加しているようですので、我々は個人的にでも対策をしなければならないと思います。

その具体的な方法として、「目の分析」が有効だと考えているのです。

何故ですか?

目を観ると、その人の弱点がわかるからです。
たとえば、上の写真で、「心包(心筋)にアクティブな病理反応がある」と言いましたが、心筋に弱点があると、肝にも異変があります。

つまり、免疫系で大切な肝臓にも弱化が起こっていると診ることが出来るのです。
10月24日の臨床実践塾(目分析の説明会)では、そのような事を解説します。


スクレオロジーの本(写真で学ぶスクレラ分析)を出すときには、「迷いに迷い」ました。
その理由は、スクレオロジーを悪用されるのが怖かったのです。
① 宗教の勧誘に使えるからです
② 高額な健康食品を売りつけることができるからです

虹彩学の本を出す前に、北海道の警察から、
「あなたのところの会員が詐欺をしています」と連絡を受けたことがあります。
実際には、私の知らない人だったのですが、私の名前やマップを使って、高額な健康食品を売りつけていたらしいのです。

そして、再びその警察から、
「裁判があるので、来られますか?」と電話連絡が合ったのですが、日程が合わず行く事はできませんでした。
そのような事があったので、慎重になって、医療従事者限定で教えていたのです。

しかし、今、現在、「対策をしながら目の分析を活用したほうがいい」と考えたので、不特定多数に教えていくことにしたのです。
それが多くの方々のお役に立てると考えるからです。


参加ご希望の方は、当方にメールを送るかお電話での連絡をお願い致します。
mail:shinjo36アットマークsunny..ocn.ne.jp
電話:06-6765-7622(木、金、土以外は留守録すれば折り返し連絡致します)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NYダウ、小幅安、ナスダックは企業業績好調で続伸、一方、中国経済減速継続し10~12月は成長率4%割る可能性、世界経済に余浪懸念を専門家指摘とシンガポールCNA(学校で教えてくれない経済学)

2021-10-19 10:52:44 | 経済学
中国経済減速ニュースを受けて週明け18日、ダウは200ドル下げてスタートしたが取引終了にかけて前週並みまで戻した。インフレ、サプライチエーン問題、エネルギー価格高騰懸念の中、ナスダックは米企業業績期待から続伸した。ダウは35,258ドル、36ドル、0.10%安、S&P500は15ポイント高、ナスダックは15,021,124ポイント、0.84%高で取引を終えた。個別の動きではダウではゴールドマンが413.69ドル、1.88%高、Ⅰ銘柄でダウを50押し上げた。ナスダックでは中国国内販売が伸びた電気自動車テスラが870.11ドル、3.21%高、他ではアマゾンが3,441.74ドル、1.11%高とナスダック高をリードした。

恐怖指数VIXは16.31、0.06%増とほぼ横ばい、米10年債利回りは1.590%へ0.86%上昇した。NY外為市場では1ドル=114.29円、1ユーロ=132.70円、1英ポンド=156.91円、0.11%安で取引された。NY原油はWTIがバレル81.50ドル、0.28%安、北海ブレント、84.09ドル、0.91%安と下げて取引を終えた。NY金はオンス1,765.00ドル、0.19%安、ビットコインは6万1,146ドル、0.61%安で取引された。

19日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で米ABCは「17日死去したコリン・パウエル元米国務長官の功績を称えホワイトハウスに半旗を掲げるよう指示した。」と伝えた。シンガポールCNAは「中国の今年7~9月のGDP成長率が4.9%と前期7.9%から減速したと中国統計局が発表した。専門家は、電力不足が深刻化している。一方、来年2月に北京五輪を控えて急激な規制強化はむつかしい。学習塾規制、ゲーム規制を強化した。不動産問題の解決には時間を要する。その他様々な問題が同時に発生している。中国のGDP成長率は10~12月期は4%を割ると見ている。世界経済への影響が懸念される。」と伝えた。

韓国KBSは「韓国政府は2050年目標にカーボンニュートラルを実現すると表明した。専門家は、石炭火力発電に40%依存しており設備の年率4%閉鎖はむつかしい。太陽光発電には場所の確保で地域住民が反対している。トップの鉄鋼業界が石炭から水素原料などへの転換が前提だが2040年まで実現の見込みが立たない。2位の化学業界も鉄鋼業界同様、精製設備は2040年まで転換できない。3位のセメントも同様と見ている。」と伝えた。

中国CCTVは「李克強氏首相はメルケル独首相とオンライン会談をおこなった。李首相は次期首相にメルケル氏同様の関係継続を希望した。メルケル氏は中国との協力関係は維持したいと述べた」と伝えた。上海、東方衛視は「①中国の1~9月合計のGDPは82兆3,000億元へ前年同期比9.8%増加した。電力不足は克服可能である。雇用増加で失業率は減少した。中国経済は順調に拡大が見込まれる、②米国カナダの駆逐艦が台湾海峡を航行した。台湾は中国の領土である。断固拒否する。」と伝えた。NHK/BSニュースは「ロシアと中国の艦船が津軽海峡を頻繁に通行している」と伝えた。ロシアテレビは「ロシアの新型コロナ感染者数増加が止まらない。18日、過去最高の3万4,324人を記録した。」と伝えた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする