ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

10月28日臨床実践塾:風邪の原因と風邪を簡単に治す方法

2018-10-16 16:31:36 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。


腎胆鍼



10月は東京で講演がありました。
その講演の中で、反響の良かった部分を解説します。
しかし、「ただの再現」では面白くないので、当院での臨床例を紹介しながら解説させて頂きます。

臨床が上手くなるには、臨床を見たほうがいいので、臨床方法を解説しながら、理論的なことも説明していくのが目的です。
「理論なくして臨床なし」です。
「ちゃんと説明できるのがプロです」ので、理論的なことを学んで説明できるようにします。

たとえば、S字状に曲がった脊椎の原因は何でしょうか。
そして、それを整える治療法にはどのような方法があるのでしょうか。
さらに、そのようにならない為には、どのような工夫が必要なのでしょか。

これから「風邪の季節」になりますが、風邪を治すポイントは何でしょうか?
そして風邪をひく原因は何でしょうか?
答えは非常に簡単なことですが、それを知らない治療師もたくさんいます。

鍼灸師にそのような話をすると、
「督脈での気の流れが悪い」とか
「肺が虚している」とか、
「免疫力が低下している」
なんてことを言い出します。

どれも正解かも知れませんが、手間のかかりそうな答えだと思います。
風邪を治すには、そんなに難しいことではありません。
風邪なんて、簡単に治せるのです。
どんな方法かは書きませんが、とにかく簡単なのです。

と、今回の講習は、普段我々が臨床で見ても、見落としている症状や、診断、治療法なども取り上げてみたいと思います。


また、第一部では、リズムに乗って、軽快に講義を進めていく女性の講師が担当することになりました。
内容は、
≪脈診ができなくても診断ができる≫という感じになるそうです。

興味深いです。
どのような流れになるかわかりませんが、こちらの先生の講義は、「あれよあれよ!」と言ってる間に前に進んでいきますので、目をパチクリさせながら聞いてください。(笑)

NY市場は様子見、サウジ領事館内でのワシントンポスト紙コラムニスト、カショギ氏殺害容疑の捜査開始と米ABC(学校で教えてくれない経済学)

2018-10-16 09:50:34 | 経済学
週明け15日のNY株式市場は様子見の中ハイテク株が売られNYダウは89ドル、0.4%安、25,259ドル、ナスダックは0.9%安、S&P500は0.6%安。NY外為市場では株安。ドル安の流れから1ドル=111.77円、1ユーロ=129.46円で取引された。NY原油(WTI)はバレル71.78ドル、NY金はオンス1230.30ドルと共に小幅反発した。米ABCは「トランプ米大統領は、ワシントンポスト、コラムニスト、カシギ氏殺害容疑解明のためポンぺオ米国務長官をサウジへ派遣した。トランプ大統領はサルマン国王と電話会談のあと「サウジとの良好な関係は維持する。米戦闘機のサウジ売却を守る」と発言した」と伝えた。

16日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「トルコ,イスタンタンプールにあるサウジアラビア領事館で起こったカシギ氏殺害容疑でトルコ、サウジ当局の合同捜査が始まった。カシギ氏は10月2日、婚約者を領事館外に待たせて入館後、行方不明となった。カシギ氏は「拷問、殺害、遺体を切断されて持ち出された。サウジから15人の暗殺団が送り込まれた」との疑惑解明が目的である。トランプ米大統領は「真相解明を求める。仮にならず者集団による殺害は容認できない」と語った。サルマン、サウジ国王はサウジアラビア領事館内捜査を既に認めている。」と伝えた。

ドイツZDFは「ドイツ南部バイエルン州議会選挙が行われ、有権者の多くはメルケル政権の移民政策に真っ向反対、メルケル政権の一翼を担うCSUが37%確保し第一党を維持したものの大きく議席を失い、政権離脱が視野に入ってきた。一方、緑の党が17.5%と大躍進、自由党11.6%、AfD(ドイツのための選択肢)10.2%と現状を維持、特にメルケル政権の連立パートナーSPDは選挙前の20.6% から9.7% へ大敗したことの痛手は大きい。2週間後にエッセン州議会選結果如何によっては、メルケル政権が今後何時まで続けられるかという事態に直面する可能性がある。」と伝えた。

16日朝放送の英BBCは「英国のEU離脱交渉が、英国の北アイルランドとアイルランドとの国境問題で暗礁に乗り上げたままのため、来年3月の期限内にまとまるかどうか赤ランプがともった状態が継続している。メイ首相は期限内にまとまらなければバック・ストップ制度を設け、北アイルランドとの国境問題に手を付けない案を提示しているが、EUは「英国だけを特別扱いに出来ない」との立場を認めていない。」と伝えた。

16日朝放送の韓国KBSは「欧州訪問中の文韓国大統領は15日、仏マクロン大統領と会談した。文大統領は「南北対話の進展はもはや後戻りできない段階に達したと強調し、朝鮮半島における非核化支援をマクロン大統領に要請した。マクロン仏大統領は文韓国大統領に支持表明したが、朝鮮半島の非核化が先との主張を変えていない。両者の間に温度差があることが改めて確認された。」と伝えた。韓国KBSは「南北閣僚会談が15日、行われ、南北間の鉄道、道路整備の調査スケジュールが確認された。」と伝えた。(了)