ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

中国の市場開放するとの習主席発言を素直に好感、NYダウ428ドル高、ドル買われ、1ドル=107円台、NY原油(WTI),バレル65ドル台回復(学校で教えてくれない経済学)

2018-04-11 11:11:17 | 経済学
海南島で開かれた国際フォーラムで習近平国家主席が演説し「貿易戦争は好ましくない。中国は自動車の輸入関税を引き下げる。世界に門戸を開放する。」とアメリカの貿易制裁を念頭に置いた発言を行った。これを素直に歓迎して4月10日のNY市場でNYダウは428ドル高、24,408ドルで取引を終えた。NY外為市場ではドルが買われ1ドル=107.21円、1ユーロ=132.48円で取引された。NY原油(WTI)も株高を受けて反発、バレル65.51ドル、NY金はオンス1,345.90ドルへ値上がりしたと11日付のブルームバーグニュースが伝えた。

11日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「10日開かれた国連安保理事会でシリア、アサド政権が化学兵器を使用したことを英、仏、米が非難声明を出し事実調査するようよう提案したがロシアが拒否権を発動して否決された。一方、ロシアは反政府側によるでっち上げだと主張して現地調査を提案したが否決された。」と伝えた。11日放送のスペインTVEは「トランプ大統領はシリアで化学兵器が使用されたことを非難して24~48時間以内に軍事行動を含めてあらゆる手段をとると言明した。既に24時間が経過した。ちょうど1年前トランプ大統領はシリア化学兵器工場をピンポイントで攻撃した経緯がある。英仏米連合と言われるがアメリカは専らもっぱらイギリスと協議しているようだ。攻撃に踏み切ればアサド政権を支援しているロシア、イランを巻き込み大事になる。」と伝えた。

11日朝放送の米ABCは「FBIがトランプ大統領の長年の弁護士の事務所、自宅、滞在先のホテルの家宅捜査を行った。トランプ大統領は激怒している。ロシア疑惑に関連してトランプ大統領にモラー特別検察官を解任できる権利があるかどうかABC記者とサンダース、トランプ大統領広報官とやり取りがあった。モラー特別検察官解任の権限は司法長官にあるとの見方もある。トランプ大統領はセショズ司法長官にも非難の矛先を向けている」と伝えた。米ABCは「ザッカ‐バード、フエイスブックCEOが初めて米議会で証言し冒頭「全ての責任はCEOである私にある。申し訳ない。」と謝罪した。10日に引き続き11日も議会証言は予定されている。」と伝えた。12日朝放送のブルームバーグニュースは「証言のあとフエースブックの株価は168ドルと前日比4.5%値上がりした」と伝えた。

11日放送の韓国KBSは10日、韓国では台風並みの強風が吹き荒れソウル含め各地で被害が出たと伝えた後「北朝鮮のイ・ソンホ外相がロシアのラブロフ外相と10日会談、朝鮮半島の正常化と非核化問題について協議したとみられる。イ外相とプーチン大統領との会談は今回は予定にないとラブロフ外相は語った。その他詳しい内容の発表はなかった。ラブロフ外相は核問題を協議したとの言及は避けた。今回の北との会合は、ロシアが朝鮮半島問題関与に強い意向を示したものと見られる。ラブロフ外相には6ケ国協議再開が念頭にある。」と伝えた。日本の国会審議では世界情勢はどこ吹く風の状況が続いている。日本は情けない国になり果てたものである。この先の日本の運命がかかる若者の奮起を望みたい。(了)