元「しんじないと倶楽部 blog」

現在は水曜夜7時からの「生たまごBang!」で活躍中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『BSSラジオ(山陰放送)の聴き方が分からない』というあなたへ・・・

2014年01月01日 | ラジオの聴き方
皆さん、こんにちは。そして当blogをご覧いただき、ありがとうございます。

早速本題ですが、このblogをご覧になっている方の中には「ラジオを聴いたことがないし、そもそもラジオ(の機械)を持っていない」という方も多いのではないかと思います。

BSSラジオは「radiko.jp(ラジコ)」というサービスを通じて、PCやスマホでも聴けるようになっています。ですが、ラジオの機械はスイッチ一つですぐにラジオが聴ける上、ネット環境(通信状態・混雑具合など)に関係なく聴ける、時差が生じないので時報や緊急地震速報が正確、(スマホで聴く場合と比べて)電池が長く持つなど、radikoにはないメリットもいくつかあります。普段からラジオの機械で聴き慣れておくことは、災害などの緊急時にも大変役に立ちます。

ということで、ここでは「BSSラジオ(山陰放送)をラジオ(の機械)で聴くにはどうすればいいか」について、順を追って説明します。

(※以下、下記のページの内容を引用しながら説明します。)
ラジオの聴き方ワンポイントアドバイス(ニッポン放送Webサイトより)
教えて!きゅうぷらざ(文化放送Webサイトより/携帯版はこちら
ラジオの聴き方楽しみ方(「radioweb.jp」より)

【1】AM放送が聴けるラジオを用意する。
ラジオの放送には「AM放送」「FM放送」などの種類がありますが、BSSラジオはその中の「AM放送」にあたります。そこで、まずはAM放送が聴ける「ラジオ」を用意しましょう。
ラジオにはいろいろなタイプがありますが、基本的には「AM」と書かれているものであれば大丈夫です。
ラジオは電器屋さんやホームセンターなどで売られていますので、皆さんもぜひ探してみてください。

【2】BSSラジオの周波数に合わせる。
ラジオが用意できたら、早速スイッチを入れてみましょう。
そしてバンドの切り替えを「AM」にして、米子にお住まいの場合はダイヤル(周波数)を「900kHz(キロヘルツ)」に合わせてみてください。何か音楽や喋り声みたいなものが聞こえてきたら、それがBSSラジオです。

なお、お住まいの地域によって合わせるダイヤル(周波数)は異なります。
鳥取・出雲・益田にお住まいの場合は「1431kHz」
倉吉・浜田にお住まいの場合は「1557kHz」
大田にお住まいの場合は「1485kHz」に合わせてみてください。

また、「ダイヤル式のラジオじゃ合わせにくい!」という場合は、デジタル式(周波数が数字で表示されるタイプ)のラジオを使うことをおすすめします。

【3】ラジオが聴きにくい場合は・・・。
(1)ラジオの向きや置き場所を変えてみる。
ラジオの受信状態は、ラジオ本体の向きや置き場所を変えるだけで大きく変わります。特に窓側やベランダ側に置くと聞こえやすいので、いろいろと置き場所を変えて試してみましょう。

(2)テレビやパソコンなどの電化製品から離してみる。
テレビやパソコンなどの電化製品から出るノイズはラジオの天敵です。できるだけ電化製品から離れた場所で聴きましょう。

(3)ループアンテナを取り付ける。
MDつきの機種や、フラッシュメモリ内臓の機種などの場合、付属のループアンテナ(四角い輪っかみたいなもの)を取り付けないとAMラジオを聴くことができません。必ず取り付けましょう。

【4】夜間の混信について。
AMラジオの電波は、夜になると遠くまで飛ぶようになるという、不思議な性質を持っています。
これにより、東京、名古屋、大阪、福岡といった大都市圏のAMラジオの放送が聞けるようになるのですが、その一方で、同じ周波数の電波同士がぶつかりあって、その結果、音が混ざって聞こえてしまうということもあります。これが「混信」です。

BSSラジオの場合は、
900kHz(米子)では主に韓国のMBCラジオ(ソウル本局)と高知県のRKC高知放送
1431kHz(鳥取・出雲・益田)では主に和歌山県のWBS和歌山放送と岐阜県のGBS岐阜放送
1485kHz(大田)と1557kHz(倉吉・浜田)では全国各地の中継局からの放送(加えて倉吉・浜田は周波数の隣接するFEBCも含む)
…これらの放送がよく混信してきます。

すぐできる対策としては、ラジオの向きや置き場所などを変えてみることで、一番混信の少なくなる向き、場所にラジオ本体(ループアンテナ)を置くことです。

(※)夜に遠くの放送が聞けたり、一方で同じ(or前後の)周波数同士の電波が混み合ったり(混信したり)する理由については、電離層(でんりそう)、AM、遠距離などのキーワードで、画像も含めて検索してください。
コメント