エリムの憩い

何の変哲もない日常生活の中で、感じた恵みを広く浅く綴ってゆきます

長屋風

2018年05月08日 | Weblog

 先日、ゴールデンウィークの日、同じマンションの住民5家族で近くの公園に行って、バーベキューを楽しみました。急な話だったのですが、バーベキュー会場をおさえることができたので、近所にお声を掛けたら、子ども10人、大人7人集まりました。引っ越して三年経ちましたが、居心地の良い環境で、昭和の長屋風の親しさがあります。子ども同士はお互いの家を行き来し、まるで兄弟のように思っています。お母さんたちも良い友だちになっています。お互いに子どものお世話をし合ったり、おかずを持ってきてくれたり、みかんを届けたり、またいろいろな相談事を話し合う関係となっています。今の時代、珍しいぐらいの近所の親密さです。ある家族は、少し遠い所へ新築の家を建てようかと検討していたらしいですが、子どもたちの関係を壊したらいけないと思い、少し先延ばしするという話も聞きました。帰りに、「また、こういうバーベキューパーティーをしましょう」と言ったら、「ぜひ!」と言ってくれました。良い環境で過ごせることに感謝しています。


この記事をはてなブックマークに追加

怪我

2018年03月20日 | Weblog

 妻が確定申告を準備のため、病院の領収書を計算していました。今年は何といっても、整形外科医院の領収書がやたらに多かったです。長男が春に足の指を骨折し、三週間包帯で固定していました。楽しみにしていた林間学校での山歩きは行けず、先生と一緒に待機していました。長女も秋の運動会の直前に、腕を捻挫してしまい包帯をしながら出場していました。そして、横浜で雪が降った週、私がスクーターバイクで転倒してしまい、挫傷という診断を受けました。雪の後二日経ち、ほとんど溶けていたのですが、日陰の部分がアイスバーンになっていました。まだ足の親指付け根がはれ上がっており、二か月たった今もリハビリに通っています。しかし考えてみるなら、怪我をするほど活動しているということでもあり、元気な証拠かなと思っています。もうすぐ完治する予定ですが、完治したら、暖かくなりますので、ウォーキングをしてまた体力を戻したいです。


この記事をはてなブックマークに追加

服選び

2018年01月23日 | Weblog

 専ら移動にスクーターバイクを利用しています。気温一桁の場合、東京まで往復一時間半の運転は、さすがに凍えるような寒さです。冬になる前に、防寒用の服を買いました。ジャケットやインナー、靴下など一式そろえました。購入した後、気が付いたことがありました。学生時代はまだバブルの時だったので、周りの友達と同じようにブランド品を買いそろえました。今でもブレザーや革靴など使っていますが、当時どうしてそんな高い買い物ができたのか不思議です。やがて、家庭を持つようになったら、ブランド品を買い漁る訳にもいかなくなり、安く機能的な服を選ぶようになり、ユニクロに足が向くようになりました。そして、今ではワークマンという作業用品の店を利用しています。作業用品と言っても、品質だけでなくデザインもおしゃれになっているので、普段着としても使っています。趣味として服を買えなくなりましたが、今の生活に合った洋服選びをしており、それなりに幸せを感じています。


この記事をはてなブックマークに追加

趣味

2017年09月28日 | Weblog

 最近、始めた趣味があります。オンライン英会話です。将来の自分に投資をするなら、どんなことができるだろうかと考えたところ、英語ができたら、もっと仕事の幅も広がると思い、始めてみました。料金も月額五千円ですので、経済的な負担も少なくて済みます。語学力にはレベルがありますが、要領よく、短期間で、低コストで、レベルアップすることばかり、考えてしまうものです。しかし、やはり、一番大切なのは楽しみながら長く続けることだと最近感じます。一応、留学経験はあるので、大抵の日常会話はできるのですが、少し難しいトピックを題材に自分の考えを自由に話すことは難しいです。インターネットを通して、マンツーマンで講師の先生と会話をするのですが、いろんな人と、いろんな会話ができることは、とても楽しいです。それと、普段、決して言われることのない「頭良いね」とか「熱心に学ぶ態度があるね」などの言葉をかけられ、嬉しくなります。(笑)


この記事をはてなブックマークに追加

心の旅

2017年08月24日 | Weblog

 今年の夏は、私としては珍しく忙しい夏を過ごしました。7月の下旬から、ほとんど家にいませんでした。一番のハイライトは、北海道に十日間の旅をしたことです。二年四か月前、札幌から横浜に引っ越す際、いろいろな友人たちに「また、会いに来ます」と軽々しく言ってしまったのですが、やはり北海道は気軽に行ける距離ではないので、なかなか実現できませんでした。語った言葉は、なるべく守りたいという気持ちもあり、今回、約束を果たせて良かったです。また今回、北海道に行きたがっている子どもたちの願いを叶えてあげることもできて良かったです。この旅行は、心の整理の時間となりました。人生の夏とも思える35歳から十年間、札幌で過ごし、三人の子どもが生まれ、変化の多い期間を過ごしました。苦しかったことも、嬉しかったことも、すべて人生の彩りとなったと感じます。確実に人生の折り返しを過ぎましたが、また未来に向かってゆきたいと思う機会になりました。


この記事をはてなブックマークに追加

仕事

2017年05月02日 | Weblog

 仕事というと、正規職員、契約、副業、アルバイトなど様々な形態がありますが、今、月曜日の公休を利用して、両親の手伝いと称して、ビルメンテナンスのアルバイトをしています。仕事を選ぶ理由として、給料(時給)など実入りがいい、楽である、自分の生活ペースで働ける、尊敬される、などなど挙げられると思います。私が今しているアルバイトは、そのような類ではありませんが、良い点を挙げるとするなら、自分の健康に繋がるということです。朝起き、スクーターバイクで、40分ほどで到着できる場所へ行きます。冬の寒い日もありますが、多摩川の橋を渡る時、関東平野の遠くの山々を眺めると、気分も爽快です。体を適度に動かし、仕事が終わると、いつも松屋で牛丼を食べて帰ってきます。時々、スーパー銭湯に寄って、帰ってくることもあります。体も心も健康に繋がる仕事です。少しお小遣いがあると、罪悪感を抱くことなく、牛丼大盛のセットを頼むことができます。


この記事をはてなブックマークに追加

ムダ?

2017年03月23日 | Weblog

 過去を振り返ってみると、「無駄になったな~」と感じる物がいくつもあります。しかし、中には、こんなに重宝するとは思わなかったと感じる物もあります。札幌時代に、小型二輪の免許を取り、小型スクーターを買いました。当然ながら、札幌は雪国なので、一年の半分は、スクーターに乗ることはできません。ところが、小型免許取得から二年後、横浜に引越しし、ほぼ毎日、バイクに乗っており、一年で五千キロ以上走っています。もし、あのタイミングで、教習所に通わなかったら、今、そのような時間がなかったことと思います。リッター30キロの低燃費で、渋滞に巻き込まれることもないので、とても重宝しています。また、学生時代、フレンチホルンを吹いており、十数年のブランクがありました。もう、本格的にすることもないだろうと思っていましたが、現在、毎週末、趣味で楽しんでいます。今、「無駄になったな~」と思う物でも、後に重宝するかもしません。


この記事をはてなブックマークに追加

映画

2016年12月08日 | Weblog

 10歳の息子は、今、ポケモンに夢中です。妻の教育方針もあり、今のところ、ゲームは買い与えていません。もう四か月前の話になりますが、夏休みに、息子をポケモンの映画に連れて行ってあげました。私自身は、ポケモン世代ではなく、あまり興味がありません。映像の激しさも、目がチカチカしてあまり慣れません。映画の時間、私は、一人でスタバにでも行って、本でも読んで時間を潰そうかと思いましたが、結局、一緒に見ることにしました。映画の内容は、断片的にしか覚えていませんが、最後の感動的な場面では、胸に込み上げてくるものがありました。映画の後は、フードコートで食事をしました。私も10歳ぐらいの頃、家族で映画に行ったことを思い出しました。映画の内容は忘れても、息子と一緒に映画を見て、ご飯を食べたことは忘れないようにしたいです。


この記事をはてなブックマークに追加

発表会

2016年10月05日 | Weblog

 先日、娘のピアノの発表会がありました。個人レッスンをしている先生の自宅へ、春から習いに行っています。一年に一回の発表会が近くのホールで行われました。ピアノの発表会を見に行くことが、こんなに幸せな気分になるとは思いませんでした。緊張しながらも、一生懸命な子どもの姿を見ることができること。また、家族全員が、その姿を応援し、喜ぶことができること。お兄ちゃんや妹も、真剣な目で見ており、演奏が終わったら、満面の笑顔でした。またほかのメンバーの家族と一緒に、子どもたちの演奏を喜び合うことができることです。成長してゆく姿を見ることは嬉しいものです。その日の夕食は、娘のリクエストで、回転すしを食べに行きました。妻も子どもの頃のことを思い出したそうです。娘のピアノ発表会は、非日常の出来事ですが、生活の中で、彩になると感じます。ずっと後も、記憶に残っていることでしょう。


この記事をはてなブックマークに追加

タイムラグ

2016年09月14日 | Weblog

 十年前、北海道に移住した最初の年、「はたして東京育ちの私が北海道の厳しい冬を超えることができるか?」と心配しました。やはり降る雪の多さから、雪国だなと感じましたが、二月中旬に入ると、どんどん雪が解け始めたので、こんなものか、と拍子抜けするほどでした。ところが、二年目、しもやけのような足の痒みが治らず、体が寒冷地仕様になっていないことを感じました。そして、昨年、実家から近い横浜に来ました。夏の暑さを覚悟していましたが、札幌の時と違って、家にクーラーもあるし、楽勝だなと感じていました。ところが、魔の二年目です。少々、夏バテで、胃もたれしています。スタミナのあるものを食べなければと思っても、胃が受け付けません。体が重たく感じます。環境に慣れるまでのタイムラグがあるようです。


この記事をはてなブックマークに追加