【公式】死神紫郎ホームページ

2018年より死神改め、死神紫郎(読み:しにがみ しろう)に改名。ギター弾き歌手。

4月29日(金)のつぶやき

2016-04-30 02:42:20 | 死神紫郎 Twitterまとめ

【死神 次回ライブ】
5/5(木・祝)高円寺無力無善寺
解散レコード企画 無善寺サイレントフェス
11:30/12:00 前2000/当2500(+1D)
タイムテーブル
kaisan.in/20160505
死神18:10~18:35
久々にアンプラグドで歌います。

3 件 リツイートされました


4月25日(月)のつぶやき

2016-04-26 02:45:18 | 死神紫郎 Twitterまとめ

「死神声明文vol.265」毎週日曜更新を守れない、死神コラム。
生きるってのは痛いんだよ。え?あぁ頭痛でした。 goo.gl/Ei2cdU

1 件 リツイートされました

★2週間前!★
【無善寺サイレントフェス】
05.05@高円寺無力無善寺
アムアコ国ゲジゲジ龍笛死神冒険家論FEVERシンガヤバンド教室スカイブルー100スズキタケオ東京秘密ラジオ成瀬あう喉弾語夢シ零号ビスマスと飴ガラスNaG藤宮欠席バンドブッダブラックリボンズモノトーンパフパフ



4月23日(土)のつぶやき

2016-04-24 02:49:26 | 死神紫郎 Twitterまとめ

【死神 次回ライブ】
5月5日(木・祝)高円寺無力無善寺
解散レコード企画
「弟1回 無善寺サイレントフェスティバル2016」
11:30/12:00 前2000/当2500(+1D)
↓出演者タイムテーブル↓
kaisan.in/20160505
死神18:10~出演

2 件 リツイートされました

本日のREC終了。10分越えの新曲をイイ感じに録り終える。上手くいっているときは疲労感が少ない。RECに必要なのは技術の次に、冷静にテイクを選別できる耳。今日の耳はイケてたな。


4/2死にフェスに出演してくれた大阪のバンド『ぼくたちのいるところ。』の新しいPVです。ライブ感が出ててカッコいい。おすすめ。 twitter.com/bokuiru/status…



死神声明文vol.265

2016-04-24 00:00:00 | 声明文(コラム)
酒はただ問題を先送りにするだけなのに
人はなぜ飲まずにはいられないのだろうか。

酒を飲まない私には一生分からないことだが、
酒を音楽に置き換えてみる。

音楽はただ問題を先送りにするだけなのに
私はなぜ聞かずには、
また演らずにはいられないのだろうか。

どうせ死ぬのに、である。

*************************************************

丁子紅子さんの個展を訪問。
(注:「ちょうじ べにこ」さんと読む。)

『人間』から『人』を
くり貫いたような『間』の作品群である。

くり貫かれてもなお、
肉体というからっぽの世界に残存する何かは、
多くを語らない。

虚のような実のような
透明な表情の裏に生と死の『間』が流れている。

『女』という器は怖い、けど優しい。

画像は入場時に頂いたポストカード。




*************************************************

しつこい不動産投資のセールス会社からtel。

今度掛かってきたら、
「え、投資興味あるんですよ!」
と30秒くらい話しに乗ったあとに
「あなたの説明のおかげで興味を失いました。」
と電話をブチ切る報復をしたい。

このセールスの電話は
いつも同じ番号から来るから
着信拒否にすればいいのだが、
こんなことに挫けたくない。

先程考えた報復も良いが、
いっそ最近ハマッているラップで
MC死神としてのヤバすぎるスキルと
自在なフロウで痛烈なDISをかまして撃退してやりたい。

レペゼンビジュアル。


*************************************************

4/23 REC3日目、最も快調。

テイクを選別する耳も冷静だ。
しかし予算が尽きた。
当初の予定をすでに2日オーバーしている。

良い作品ができようとしている今
気持ちはどんどん盛り上がってくる。

お金はあとでなんとかなると思えばなんとかなるので
予約を入れてから考える。

*************************************************

今日ここまで綴った話題が酒と金がらみ、
なんで俗なんだろうか。

一時は反俗を自負していたが、
そんなことはない、
思いっきり俗である、
フツー中のフツーの人間である。

だから反俗に憧れるのである。
普通じゃない自分を見いだしたくなるのである。

狂気に触れてみたくなるのである。
しかも安全な場所から、である。

本当にヤバい人は病院か刑務所に居るのだろう。

*************************************************

今回のコラムで『、である。』が
2度も登場したのは
私の中で第二次・車谷長吉ブームが来たからである。

この1~2ヶ月で、

◉塩壷の匙(再読)
◉贋世捨人
◉忌中
◉妖談
◉世界一周恐怖航海記(再読)
◉愚か者 畸篇小説集を読んだ。

いずれも、
私小説家としての業が描かれている。

『贋世捨人』『忌中』がとりわけ壮絶であった。

『塩壺の匙』に収載された、
「萬蔵の場合」、
「吃りの父が歌った軍歌」
は言うまでもなく秀逸。

「萬蔵の場合」に、
瓔子(ようこ)という女が出てくるが、
昭和版メンヘラみたいな人物像が、
古井由吉の『杳子』(ようこ)を連想させる。

オマージュではないかなと思いを馳せてみたりして。

4月22日(金)のつぶやき

2016-04-23 02:46:46 | 死神紫郎 Twitterまとめ

【4/21死神セトリ】
1.どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから
2.真夜中、猫背、包丁。
3.生きるかな死
4.共喰いの未明
5.蝉が鳴いて私が呻いて(新曲)
次回、5/3無善寺サイレントフェス。アンプラグド、マイクを通さず歌います。

1 件 リツイートされました