【公式】死神紫郎ホームページ

2018年より死神改め、死神紫郎(読み:しにがみ しろう)に改名。ギター弾き歌手。

手前は私でなし、私は手前でなし

2009-11-29 00:00:00 | 声明文
自殺をほのめかすような、
精神的に不安定な男女に好かれる時期があった。

2年前まではなるべく良い人に思われたい
(今も無いわけではないが)
という願望が強く、
偽善的な要素が私生活に
深く根づいていたからだと思う。

今は全く好かれなくなった、
というのも、
身内、友人、男女問わず、
たった一度でもどんな理由であれ、
自殺をほのめかした人とは、
男女問わず完全に、
決別すると決めたからです。

言い訳無用で一生さようならです。
その考えは一生、
変わらない、変えない。
関係の修復はない。

好きから嫌いへ、
180度変わってしまう位、
耐えられない、嫌なこと、
許せないことなのだ。

死んでたまるかと、
生命力でギトギトしている
ホームレスの方がまだましだ。

死にたい位、
死にたいほど、
悩んでいる、
困っているというのなら、
まだ助言はできる。

うつ病でどうしようもない、
死にたい、苦しい、
だからひたすらに、
やさしくしてくれ、
慰めてくれ、
甘えさせてくれ、
あれこれしてくれとかではなく、

あくまで、
問題と真っ向から向き合い、
解決する意欲のある人には
助言はできる。

生きることに真剣な人にはできる。

助言はものすごく真剣に考えるし、
丁寧にするよう心がけている。

だが、兎に角問題解決の意欲がなく、
「死にたい」が前提にあっては、
手前は私でなし、
私は手前でなし、
ここまでくると、
もはや救いようがない。

きっと精神科にかかるべき領域なのだ。

(うわべだけの同情や、
安易な慰めというのは罪だと思う、
痛みというのは、
本当はその本人にしか
分からないのだから。
人の気持ちを考える、
というのもどんなに深く詰きつめても、
それは「推測」でしかない。)

私は、
そういう病気じみた人々のおかげで、
今まで散々苦しめられてきた。

真夜中に、何度も電話をよこし、
こちらは眠りを幾度となく妨げられ、
泣きつかれ、すがりつかれ、
もはや脅しの領域。
(こういうのも立派な脅迫・暴力です)、
しかも以前に私が真剣に助言したことを、
何一つ守っておらず、
死にたいとか死のうと思ったとのたまい、
まさに自業自得じゃないか、
と怒りは爆発しということが、
3~4度ほどあった。

うち1回は大変義理のある男友達で、
もうだめだという自殺宣言に驚きながらも、
近所だったので「特例」として急行すると、

アパートの庭からすでにガス臭が立ち込めていた。





続きは翌週書く。




この記事をはてなブックマークに追加

知らせです、知らせ

2009-11-24 23:56:01 | お知らせ
22日、ご来場ありがとうございました。

直接、足を運んでもらえることは、
嬉しい。


****************************

12月5日(土)より、
イープラスにて、

2010年
3月28日(日)
池袋手刀
死神 第一回単独公演
「自縛自爆、血しぶき刺身」

の予約を開始いたします。

****************************

単独公演用の特製チラシの配布も、
12月5日(土)より開始致します。

カラーのチラシです。

都内にばらまきます。

****************************

次回公演

12月5日(土)
池袋手刀

死神企画第13弾
「変人の変人による
   変人のための演奏会ー其の五ー」

開場17時30分
開演18時

前売1500円+飲代
当日1800円+飲代

他の出演

ぐしゃ人間
かたすかし
中学生棺桶
マサコ倶楽部

死神の出番は5番目
(20時40分から21時10分まで)

しつこい、しつこい、死神企画です。
最初から最後までどす黒い。

是非、「最初から」ご覧ください。
「最初から」凄いです。

17時30分開場、18時開演。

どうぞ、
17時55分には会場へお越しください。

5分前行動する価値ありです。

ご予約は、
こちらからお願い致します。
12月5日(土)当日の16時まで受け付けています。

是非、お越しください。

この記事をはてなブックマークに追加

妨害の連鎖

2009-11-22 00:00:00 | 声明文

先週の昼間、
件の灯油屋への抗議を終え、
その夜、歌作りをすべく、
練習用貸しスタジオ
(誰にも妨害されない、
創作のための素晴らしい空間)
に向かった。

私はスタジオ内で一度集中すると、
内側へ内側へとめりこんでいき、
規則性の無いリズムを取りながら、
時折意味不明な所作を交えながら、
グッと世界に入り込む。

きまぐれに太鼓を叩きながら、
大声を出したり呟いたりしながら詞に節をつける。
そうやって形にしてゆく。

創作に大事なのは「きっかけ」で、
「きっかけ」さえうまく掴んでしまえば、
骨組みの8割はできたも同然、
あとは身を任せて、
遊びの肉付けをすれば良いだけなのだ。

私はそれだけ「きっかけ」を重要視している。
(ちなみに「きっかけ」は、
待っていても決して勝手にやってきたりはしない。)

だから、
それを人にぶち壊されたときの怒りというのは、
計り知れない。

で、私が丁度意味不明な手踊りをしながら、
椅子に座り、
顔をしかめ、
両足を震わせ、
詞をぶつくさやっている、
だんだん気分が高揚してきて、
良い感じかつ、
とても恥ずかしい瞬間に、
やってくれた。

店員が突如、
無断で、
しかも何の間合いも見計らわずに、
私の練習中の室内に入ってきやがったのだ。
(機材借りますねと気軽に、
さも当たり前かのように)。

その無礼さを例えるならば、
自慰や性交の最中に突然、
いきなり赤の他人が、
やあやあどうもちょっとあんた醤油貸してよ。
と、勝手に戸をこじ開け、
室内に土足で入ってくる。

それと同じこと、
といったら分かりやすいだろうか。

もの凄い集中をしていた私は、
突然目の前に変な眼鏡男が現れて、
驚きと羞恥で、
心臓が止まるかと思ったというか、
突然集中をぶったぎられた衝撃のあまり、
「ああっ」と発声し、
あまりにびっくりして、
しばらく動悸がおさまらず、
呼吸がまずくなり、
床にうずくまり、

「大丈夫ですか?」という店員の、
素っ頓狂な問いに、
息の苦しさと怒りで、
血管が切れそうになり、

私はその場で店員に、
「お前に妨害されたから心が腐った、
もう帰る」
と言い、
無断で室内に入り込む無神経野郎めと、
言葉少なに罵倒して店を出た。


そして帰宅後、
これで良かったのか?
という疑問がわきあがる。

というのも私は、
何故こんなにムカついたのか、
彼に説明をしていない。

このままでは何も改善されない、
またいつかやられる。

4年間通いつめている、
世話になっている、
馴染みのスタジオを失うことはかなりでかいが、
ただの癇癪持ち、
キチガイの戯言で片付けられるよりかはましだ。

これは「大」問題なのだから。
(事の大小は自分で決めるべきです。
他人ごときに決められるものではないのです。)

そう考えた私は、
数十分後に再度来店し、
私が頭にきた理由、
つまり無断での入室がいかに不快かを伝え、
誰にも邪魔されない、
創作のための空間を借りたいから金銭を支払っている。
それが約束されないならもう二度とこない。

とつらつら述べていると、
その途中で、
偽善にきづかぬ偽善者みたいな客の男が、
「まあまあ」と割って入ってきたが、

まあまあ、ではなくて、
これは喧嘩ではなく抗議ですから、
練習中に邪魔をされた、
そのことについて怒っているんです、
怒る価値があることだとは思いませんか?
同業者として。

と彼に説明したが、

「まあまあ、まあまあ」というばかりで、
このまあまあ君の適当な仲裁で、
怒りの空気は一気に弛んでしまい、
深夜2時という時間も影響してか、
怒り疲れて、嫌、もう嫌、いや、嫌。

そして、
練習中は何があっても無断で室内に入らないこと、
誰にも妨害されない個室であること、
これだけは約束してください。
と店員と約束し店を出た。

すると後ろからまあまあ君、
「やー気持ちわかりますよー、
まあまあまあーでもねーうんうん。」
って話しかけてついてくるのを、
うまくかわす。


帰宅後、泥のように眠る。


****************************

本日は公演。

11月22日(日)
池袋手刀

池袋手刀企画
「とろとろG(ジー)」

開場18時
開演18時30分

前売2000円+飲代
当日2200円+飲代

他の出演

ぐしゃ人間
cuol
G-FIGHTER(名古屋)
ニニ(顔がない+アム)

死神の出番は1番目
18時30分から19時00分まで。

全身全霊で個体表現の限界に挑んでいます。

損はさせません。


ご予約は、
こちらからお願い致します。
当日の16時まで受け付けています。

是非、お越しください。










この記事をはてなブックマークに追加

気取り腐った、雪は降るだとこら。

2009-11-15 00:00:00 | 声明文

毎年、秋から冬にかけ、
近所に灯油の巡回販売車がやってくる。

決まって土曜の昼12時。

アダモの「雪が降る」を、
爆音で流しながらとろとろ走ってやってくる。

私はこの曲を家にいながらにして、
無理矢理聞かされ、
その気取り腐った歌声と糞みたいな詞、
いかにも偽善にきづかぬ偽善者が作ったような、
甘ったるい曲調にイライラし、
気分は一気に暗くなり、不快になり、
折角の土曜の穏やかなお昼の時間、
珈琲の時間をぶち壊され続けた。

昨年は我慢に我慢し我慢して乗りきった。
が、今年もまたやってきた。

去年散々我慢したためか、
あの曲が爆音で流れだした瞬間に、
私は完全に怒り心頭、家を出た。

今までは、抗議することを恐れていた。

だが、ムカつくことはムカつくと、
きちんと相手に伝える、
おかしいと思うことがあるなら、
曲げずに戦おう、
人間らしい生き方をしてやろうと、
私は完全に中島義道の影響を受け、
抗議を決意したのだ。

まずは自らの不快を相手に伝えてやろうと、
灯油車に群がる主婦がいなくなるのを見計らい、
車を呼び止め抗議を申し出た。

暴力の一つ受けても良い、
腹をくくった。

あの曲を流すのをやめてください、
大嫌いな曲を無理やり聞かされ、
私の気分は大変暗くなり、
折角の土曜のお昼が台無しです、
迷惑です。昨年はずっと我慢していたのです。
もう限界です、うるさいです。
腹立って仕方ないです、
いいかげんにしてくださいと。

すると運転手の男は、
いやはや勘弁してください。
兄ちゃんよと。
この曲でお客が集まる習慣が地域に根付いていて云々、
今更お馴染みの曲変えて客離れでもしたら商売あがったりです、
困るのです云々とのたまう。

まあ確かに近所の主婦どもは、
あのお馴染みの忌まわしい曲のおかげで、
あっ灯油屋がきた。ってなるのだからな。

私だって大人だ。
なにも商売の邪魔をしたいわけじゃない。
譲歩だってする。
私は納得がゆく改善策の提示・説明を求めた。

が世間は全く甘くなかった。

なんてこった。

悔しいことに、
私はこんなに苦しめられているのに関わらず、
男曰くすべて法律の範囲内で許されていることなのだ。

だが、ここで引き下がったまた来春まで苦しめられる。

ならばと、しっかりと我が家の場所を伝え、
ここの近辺ではより音を小さくするよう要請・説得し、
またうるさいと感じたら、
「必ず」抗議に参りますと付け加え、
私は運転手は解放した。

これは私のエゴであることなど重々承知なのだが、
おかしいと思うこと、
不快だと思うことがあるならば、
その時その場で直接相手に伝え、
戦わなければ状況は何一つ変わらないのだ。

生きるためだ。
決して大げさなことじゃない。

そもそも人間の行為なぞエゴそのものなのだから、
エゴ対エゴを戦わせる価値は十分ある。

泣き寝入りし、気持ちを腐らせるより、
覚悟して面倒でも真っ向から戦う、抗議をする。

結果敗れたならそれはそれで仕方ない。
何もかも思い通りにならない、なるわけがない。
それも重々承知の上でやる。


やらぬより、やった方がましです。

どうせ数十年内には死ぬんだから。

この記事をはてなブックマークに追加

次回公演告知、写真の完成のお知らせ

2009-11-09 23:19:51 | お知らせ



お知らせ①

次回公演

詳細が決定いたしました。

11月22日(日)
池袋手刀

池袋手刀企画
「とろとろG(ジー)」

開場18時
開演18時30分

前売2000円+飲代
当日2200円+飲代

他の出演

ぐしゃ人間
cuol
G-FIGHTER(名古屋)
ニニ(顔がない+アム)

死神の出番は1番目
18時30分から19時00分まで


ご予約は、
こちらからお願い致します。



お知らせ②

以前告知した写真家名鹿氏の撮影による、
写真の数々です。

「自縛自爆、血しぶき刺身」

「私なりに」本腰入れて遊んでみました。
9月末撮影。

現在のホームページトップにつかわれている写真などなど。

不気味の中に滑稽があり、滑稽の中に静寂がある。
そして静寂の中に不気味がある。

そんな仕上がりになっています。
http://www.nashikayoshihumi.com/Portfolio10.html




この記事をはてなブックマークに追加