【公式】死神紫郎ホームページ

2018年より死神改め、死神紫郎(読み:しにがみ しろう)に改名。ギター弾き歌手。

死神声明文vol.291

2016-11-06 00:00:00 | 声明文
いつだかの冬、
古本屋に入ると帳場で三白眼の女が、
店主らしき老人とひな人形のように並んで
餅をミューンとさせながらお雑煮を食べており、
ギョッとしたことがある。

古本屋は辛気くさい店主が
独り無言で座っているくらいが丁度よい。

その真逆をゆくのが、
体育会系古本屋のブックオフである。
(そして背後からは宗教の香り付き♪)

いらっしゃいませがうるさく、
静かに本を探せない。

文庫本大量入荷を行っております、
といつも絶叫している。
いつも、いつもである。

毎日大量入荷してるなら
その分量は大量ではなく普通の分量ではないか。

何と比べての大量入荷なのか?

大量なのは君たちが納める教団への上納金じゃないか!

命売るならブックオフ!
人を売るならブックオフ!

と実店舗へのDISが酷くなる前にフォローを入れると、
ブックオフオンラインは通販なので
宗教店員の被害に合わず静かに買い物ができるので良し。

自らの節操のなさに絶望。

*********************************************************

「紅に染まったこの俺を慰めるやつはもう居ない」
「おい、大丈夫か!」
「うおっ、慰める奴いた!」
「わははは」
と友人とツーカー遊びをしたのはまさしく中2の時分であり、
この友人とは23歳で喧嘩別れして以来会っていない。

彼は18歳のとき
ファミリーレストランのアルバイト中に
ソリの合わない社員にキレた挙げ句、
近くにあった新米の袋を開封、
その何十キロの袋ごと件の社員めがけて投げつけ
捨て台詞を吐いて辞職するなど
なかなかエキセントリックな奴であった。

(「今日社員にムカついたから、新米投げて辞めてきた」
と最初メールが来たときは意味が分からなかったが、
話を聞くと本当に新米を投げつけて辞めてきたのであった。)

そのエキセントリックさは私生活にも及び、
当時バイク好きであった彼は、
バイクを持っていない私に対し

「バイクを持っていなくても
自転車でバイクみたいに走れる方法が見つかった!」

と言い、早速ツーリング行こうと
誘ってくるのでその方法を聞いてみると、

「バイクを運転する隣で手を繋いで
自転車に跨がればサイドカーみたいに走れる。」

というなんとも気の狂ったアイデアであった。

バイクと自転車の男のペアが
手を繋いで公道を走る、馬鹿丸出しである。

私が
「絶対に嫌だ。危ないし、
万が一うまく走り出せても止まるときに
ブレーキのタイミングずれたら死ぬじゃん。」

と言うと、

「大丈夫、この間で○○君で
試しにやってみたらできたから。安全安全!」
と恐ろしいことをのたまう。

既に人体実験済だったのである。

それを聞いてますます恐ろしくなり、
必死になって拒絶、
だから今こうして生きていられるのである。

Y君、元気ですか?
私は結構元気です。

*********************************************************

【死神 ライブ予定】

★2016年11月12日(土)
中野天獄 死神企画
死神×工藤鬼六×面黒楼卍3マンライブ
開場18:30/開演19:00 前売2000円+D代

ご予約はこちら

★2016年11月26日(土)
中野天獄 死神企画
死神×豊川座敷2マンライブ(トークゲスト:狩野葉蔵)
開場18:30/開演19:00 前売2000円+D代
ご予約はこちら

※11/12(土)&11/26(土)のお得な通し券有り→3000円+各日D代

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 11月3日(木)のつぶやき | トップ | 11月5日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

声明文」カテゴリの最新記事