liga好きの憂鬱

liga大好き万年少年のブログです。特にバルセロナの記事に特化してしまいますがご了承お願いします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サビィオォォォ~~ラァァァ~~

2007-01-29 20:53:28 | Weblog
 第20節。舞台はカンプ・ノウ。相手は14位と不調のセルタ。
 この試合は期待してました。なぜ?ナスティック戦であんな無様な試合をしたのに?そうそれでも、期待してました。ミッドウィークのベティス戦。アウェイのマヌエル・ルイス・デ・ロペラ、、、、、あの熱狂のアンダルシアで後半に限定されはしたものの、ピッチ上で見せたバルサスタイルの復活。その手応えをしっかりと感じていたからです。その証拠にあの時はロニーに笑顔がありました。バルサの調子なんてかぁんたん!ロニーの顔見てれば一目瞭然なんだから。あんな正直者はいない!!
 フォーメーション。バルデス決まり。DF、ザンブロッタ、プジョル、オレゲール、ジオ。テュラムと1ヶ月離脱のシウビーニョが心配。MF、アンカー、エジミウソン、右シャビ、左デコ。デコ調子戻してきたのがわかるよ。FW、右イニエスタ、サビオォォォ~~ラァァァ~~~、ロニー。ジュリは疲れているとかの監督のコメント。TV解説はちょっと違ったこと言ってたっけなぁ。確かにプレーの質は二人違うけど、能力は二人とも一級品に間違いなし。
 なんか、今日はのっけから信藤氏がバルサを異様に褒めちぎるので気に食わない。へそが曲がってますね、、、私も。バルサが褒められてんだから素直に喜べばいいのに…。違うの、、、、確かに入りは最近になく良かった。セルタを押し込んでもいました。しかし、バルサの良さはその程度ではないのですよ。1試合を通して相手を圧倒し、陵辱し、戦意喪失させる程のパフォーマンスを見せてくれてこそのバルサなんですの…。だから、この程度で褒めちぎってもらっては困るのです。もっとやれるんですのよ、、、、、、、わがスカッドは。
 20m。来たっ!!久し振り、ロニーとジオのコンビで左を攻略。ジオが侵入する。クロスはニアに待ち構えたサビオラに入った。サビオラ、ワントラップするとオーバーヘッドキックで折り返す。そこへ美しく詰めてダイレクトボレーを放ったのはシャビ。ピント左へ跳びからくもセーブ。
 30m。これ位になって、依然としてバルサスタイルを貫いていられると、おうっいよいよって感じになる。何よりも前線、中盤での“狩り”ができてる。これが戻ってきたなぁと思わせる。素早いチェックが相手のカウンターの威力をそぎ、味方の攻撃への集中力を高める。
 34m。キタッ!!サビィオォォォ~~~~ラァァァァァ~~~~。センターライン附近からアーリークロスが左に出る。ロニーとDFが競ったボールはジオに落ちた。侵入するジオ。クロスが上がる。今度はDFの頭を越えて、“跳んだ”コネホの頭にドンピシャ!!ピントが何とかセーブを試みるが、無情にもゴールネットに突き刺さった。君のライバルはこの時点でエトーに決まったよ。かなり、骨があるけどね。君ならやれる!!期待してるよ、心から。明日への勇気をくれ!!サビオラ!!
 後半。放送席が気にかかる。もう楽勝ムードなのだ。確かに1点はリードしている。でも、サッカーの1点なんて…分かってるはずでしょ、信藤殿。実際、後半、少々受けてる感があり。DF、バタバタしてるぞ!!バルサの悪いクセ、いつでも点を取れると思ってしまう。絶対にしてはいけない、相手へのリスペクトを忘れること。サッカーにおける相手へのリスペクトとは、強いものはあくまで、完膚なきまで敵を圧倒することと思う。。点を取りにいくことにより、相手へのリスペクトを見せられる。と思う。定かではない!!!(^^)!
 22m。好事魔多し。言ってるそばから、ジオがPKを取られる。微妙だけど…。判定は判定。ネネーがキッカー。しっかり決めて同点。おやおや…。
 しかし、この試合これで終わる気がしなかった。必ずバルサが勝ち越し点を取る!!そういう雰囲気が今日のバルサにはある。カンプ・ノウもそれを信じ、後押しする。
 24m。エジミウソン、アウト。ジュリ、イン。総攻撃態勢に入る!!
 中盤に下がったイニエスタが無尽蔵のスタミナで突っかける。ドリブルで切り裂く、ラストパスをサビオラへ。外すが、予兆…。勢いづくバルサ、怖気づくセルタ。
 31m。そんな流れが呼び込んだ審判の判定。エリア際でジオが倒される。一瞬、、、、、、、、判定はPK。今日はジオから目が離せない。シュミレーション?エリア外?全然PKなんかじゃないと主張する、セルタ。デルガド・フェレイロさんはジオは決してオスカーを獲りに行ったのではないと判定する。インドネシア系オランダ人のジオ。アジア人系の正直者の風貌がこの時は最高に役に立った。判定は判定。
 キッカーはロニー。さすが、サモラ賞キーパー、しっかりロニーのキックのコースまでは読んだ。しかし、いかんせん、ボールはゴールの右上天井に突き刺さる。ピントの上を行ったロニーの勝利。勝ち越し。2-1。
 38m。サビオラ、アウト。グジョンセン、イン。
 41m。セルタ最後の意地を見せようと、総攻撃を仕掛けてきた。センター附近でボールが左右する。一瞬保持したバルサ選手からロングスルーパスがでる。誰から?イニエスタ?ごめん、確認できず。しかし、反応した選手はしっかり。ジュリがキーパーと一対一になる。でも、大抵の人が思ったかもしれない…。ジュリだから…、ま、それも仕方ないか…。しかし、今日のルドビクは冷静だった。左へ右へとフェイントを入れる、キーパーを動かしておいて、、、、狙ったのは股の間だ!!ピントには屈辱的な股抜きシュートが決まった。3-1。
 ロスタイム。イニエスタ、アウト。モッタ、イン。
 大半バルサペースながらも、ヤマを作りタニを作って見せてくれた。楽しめた試合だった。久々に。
 それにしても、サビィオォォォ~~~ラァァァァァ~~~~は止まらないぞぉ~=。
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 相手は最下位だったんだぞ!! | トップ | 蛇蝎!!オサスナ!! »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントのお礼のコメントです! (まーる)
2007-01-29 22:24:04
shinemonさ~~ん!!
自分のトコにも書いたけど、早く伝えたいのでこちらにもお邪魔しちゃいました!!
ロニーについてのコメント、本当に有難うございました!まーる嬉しいですっ!!うぇーん!!涙出そー・・。
というのも、例えばテレビの実況の方とかスポーツニュースのサイトに載っているコラムニストの方の言葉って、ぶっちゃけ全然信用出来ないんです。
でも、こんなことって誰に意見を聞いたらいいのかわかんなくて、身の回りにバルサどころか海外サッカー自体みてる人もいなくて、戦術的なこともどう判断したらいいかわからないし、選手の能力のこともどうみたらいいのかわからないし、
もう、このモヤモヤを醸成している、私がいままで見聞きした情報達の、どこからどこまでが正常なのかわからなくて、とにかくモヤっていたんです、最近ずーーっと!
でも、shinemonさんに
「一昨、昨シーズンの彼の攻撃での効きを知る者にとっては、守備しなくてもここまで攻撃でやってくれるなら…って気持ちになる」
と言われると、それは紛れもなく本音だと思うし、つまり「あ、それくらいロナウジーニョって本当は凄いんだ!」と、それと「余計なこと考えないでいーんじゃないか」と、そう思えてすっーーごく嬉しいしホッとしました!
それに、やっぱりデコですね。つい較べてしまったんだけど、でも二人はまったく違ったタイプで、チーム全体の構成要素としてもそれぞれに別の役目がある訳で、同列には語れないってことを考えないといけなかったです。デコ好き過ぎですねー。
ロニー、ごめんなさい。
それと、今ちょうど、録画してあったセルタ戦の前半観ました!ロナウジーニョも頑張っててみんな頑張ってて凄くて、もう、なんか守備するだのしないだのって次元じゃないかもしれないって、わかる気がします!
それとサビオラ!!あの試合中の勇ましい顔!なんてヒトなんでしょう!素晴らしい選手ですね!ジオも凄い、ザンブロッタも!そしてなによりエジエジが何気にものすごく貢献してた気がします!
というか、もう誰がどうということなんて関係ないくらい、とにかく凄いバルサ!
shinemonさんのコメントで、まーる九死に一生を得ました。これホント。
どうぞこれからも一緒にバルサ愛で宜しくお願いします!
(イヤと言われてもついていきます)
Unknown (shinemon2006)
2007-01-30 21:15:39
まーるさん
 ロニーへのコメントを今年の出来で書くのは正直つらいものがありますよね。
 ダメダメだった頃は私も休養説を言ってましたから。一時輝きを取り戻した時は、やっぱりこいつがいないと…ってね。それに冷静に見るとロニーがいるだけで相手DFに与えるプレッシャー、ビビリ度っていうのが違うと確信できたりしてね。
 しかし、クラブワールドカップあたりからまた翳りだして…。CLでまた耀いてくれるんだろうかと正直心配。
 でも、ワールドカップ後の今シーズンでロニーのポテンシャルを決め付けるのは危険と思いました。インテルのアドリアーノしかり、リケルメしかり、ワールドカップの犠牲者は死屍累々。
 こうなるといわしの頭も信心からって感じで、マジ信じるしかないって領域になってくるんですよね。バルサ愛と共に燃え尽きましょう!!
Unknown (siesta)
2007-01-31 01:18:45
バルセロニスタのテンションが凄いですね(笑)
こんな勢いのある文章、久しぶりです。いいなぁ。
ようやくラウールが帰って来れそうです。これからは若手とベテラン、一体でバルセロナを追撃したいです。
Unknown (shinemon2006)
2007-01-31 21:45:17
siestaさん
 レアル様、、、来なさい!来なさい!ligaを面白くしようじゃないですか。巷ではプレミアが今、旬とかいう噂もありますが、ligaの面白さは別格だと思います。その重鎮レアルが沈んじゃぁいけません。
 私の夢はCL決勝でのバルサvsレアル戦でバルサが勝ち、ligaの最終戦でからくもバルサ逃げ切り優勝です。この夢には名実共に認められたレアルというチームが必要なんです!!
 すいません、レアル、完全に引き立て役に使ってますね。でも、これがベストなんです…我々には。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

★あのひとが 戻ってきてくれたから 1月29日は バルサ記念日(字余り)★ (★まーるの☆男気まにあ☆うるうる日誌★)
●06-07シーズン リーガ・エスパニョーラ 第20節 バルセロナVSセルタ 3-1 来たよ!来たよ来たよ来たよ!!戻ってきてくれたんだよバルサ!!! (この際、まーるが一昨年去年のバルサを知らないってことは思いっきり棚の上) ちょっとちょっとバルサのみんなどーしたの...