ENBLOG

TANAKAHAN日々思った事を綴ってみたりして

向かう方向

2018-11-30 23:18:58 | Weblog
昨今の様々な自然災害を見ると、実は自然災害ではなく、人工的に起こされた災害だという意見も多い。その真偽を問わずとも、世界で起きる自然災害の多くが人工的に起こす事ができる点はおそらく事実だろう。最近の日本は防衛力強化という名目で、着々とその準備が進められているようにも見えるが、元々戦争というのは相手の国力を削ぐ事が目的であり、その目的を達成できるのであれば、わざわざ戦争という手段を選ぶ必要もない。自国への反撃や、反人道的行為だと他国から非難され敵を増やすリスクを考えれば、むしろ戦争はあまり賢い選択ではない気もする。世界情勢がどこに向かっているのか見極める情報収集は今後も怠れない。
コメント

肌で感じる

2018-11-29 23:12:01 | Weblog
海上自衛隊の護衛艦いずもの空母化の話が出始めている。専守防衛を掲げる「自衛隊」にとって、空母の運用が必要かどうか議論が分かれるところだけど、いずもの船体の形状を見れば、空母への転用も可能だと誰が見ても思う。この短い滑走路で離発着が可能な戦闘機や滑走路の改修が必要とされるが、想定内だろう。少しずつこういう動きが活発になり始めているのが肌で分かる。
コメント

入れ替わり

2018-11-28 23:18:00 | Weblog
勝谷誠彦さんが亡くなったニュースを見る。文藝春秋のライターからフリーライターに転身し、様々なメディアにも露出し、歯に衣着せぬ物言いが印象的だった。この人の著書(コラム)を過去に数冊読んだが、自分の視点で物事を見る意識を持つきっかけとなった一人。物書きという立場で様々な人と繋がりを持つ人でもあり、頭も切れる人だったから本心は読めなかった。この人と同系統の文化人が10年ほど前までは討論番組等で発言力を発揮していたけど最近どうしているのかな。人の入れ替わりが時代の入れ替わりでもあるな。
コメント

とっかかり

2018-11-27 23:05:44 | Weblog
休みだったので先日の公演観劇のお礼を兼ね、チョイ乗りスクーターで植木のタオ・カフェへ。「何も言うな」と言っても言わずに済まないのがマスター。今回公演に関する率直な意見とダメ出し。でもその全ては僕の想定範囲内。今後作る事になるであろうコントは、緻密な計算で紡ぎ上げる必要がある。本公演でいろんな意見を聞いたが、僕個人としてこれは「とっかかり」であり、今回挙げられた様々なダメ出しが、今後の作品作りに活かされる。
コメント

世界を知れ

2018-11-27 22:59:38 | Weblog
何が重要なニュースか?は全てメディアが決める真実。カリフォルニアで起きた山火事は自然災害ではなく、人災である事を示す幾つもの証拠が挙げられている。まるでピンポイントに焼かれた建物や車両。その焼け跡の周りの木々が綺麗に焼失を免れている箇所が幾つもある。また、空から照射されたレーザー光の目撃情報も多数。誰が何のためにこのような事を起こしたのかを探ることも必要だが、これらの状況が日本のマスコミから全く伝えられない。世界中で権力闘争が激化している現実を知る必要がある。
コメント

やっちゃえ

2018-11-26 23:13:53 | Weblog
公演後の2連勤が終わり明日休み。サラリーマンの立場では「2日休んでまた休み」だけど、仕事してる時と同じくらい舞台も体力を使ってるので、一週間仕事して休みが来た感じ。温泉で全身を癒そうと思ったが、膝と足首と腰が少し痛い程度だったのでやめた。日産自動車のゴーン会長逮捕のニュースが巷を賑わせていて、いろんな憶測が飛び交う。日産の筆頭株主ルノーはフランス国営企業のようなもの。一方、東京地検特捜部はアメリカ政府(CIA)の息が掛かった機関。苦汁を嘗め続けた有能な日産社員の内部告発に端を発し、フランスのロスチャイルド財閥(秦氏)とアメリカのロックフェラー財閥(出雲)の権力闘争へ。今後の動向が興味深い。結局日産は、昔も今も内部改革できない企業だった。
コメント

ロストゼロ

2018-11-25 23:59:43 | Weblog
公演を終えた翌日には普段通りに出勤して仕事に集中するのが当たり前になった。でも20代の頃は公演後も余韻が冷めず、自分が演じた役をしばらく引きずっていた。最近は仕事と芝居の切り替えが格段に早くなったが、これも経験かなと思う。自分の役に思い入れが深いほど、公演後の喪失感は大きく、余韻を引きずってしまうと他の役者さん達は話をするのだが、僕は最近そういう喪失感がない。思い入れが薄いわけではなく、元々自分の一部だと思っているからだと思う。淡々とした普段の僕と舞台で演技している時の格差が半端ないと多くの人は言うが、自分の内面のどの部分を外に見せているかの違いに過ぎず、台詞や動作、段取りを与えられることで普段出せない内面が引き出し易くなるというわけ。役者さんもいろんなタイプがいるけど、僕の役者としてのルーツはやっぱり「人形使い」だと思う。
コメント

無事に終了

2018-11-24 23:37:37 | Weblog
真夜中ミサイル第6回公演『ミサイル危機一髪』2日目。昨日の反省点を踏まえ手直しを加え、13:00と16:00の2回公演を一気に終え、無事に全日程終了。アンケート結果は概ね好評だったが、辛口コメントもありいろいろ感じることはあった。個人的には、JOVIJOVAのマギーの役を僕が演じ、マギーと自分が比較されるであろうプレッシャーの中、割り切って演じても良かったのだけど、そこを敢えてマギーに近づこうと自分自身に目標を設定、さらに7年の空白を埋めるべく、心身共に攻めたつもり。この話が来るまで再び舞台に立つ事は考えていなかったが、いつでも舞台復帰ができるカラダを維持しておいて良かった。10年前を知る熊日の記者さんは、ブランクは感じなかったと言ってくれたし、色々ハプニングもあったけれど、ここ数年で一番楽しい2日間だった。役者とスタッフが一体となって作り上げた舞台であった事を誇りに思う。
コメント

初日終える

2018-11-23 23:26:09 | Weblog
真夜中ミサイル第6回公演『ミサイル危機一髪』初日。朝から熊本市現代美術館アートロフトへ。同日に仕込みと本番を行う「乗り打ち」だったため、場当たり・シューティングは出来たがゲネプロの時間は結局取れないまま17:00の本番に突入。自分のシーンで小道具使いのハプニングがあり、力技で乗り切った感があるが、勢いと緊張は90分間維持できて概ね好評だった。初演から10年、僕の舞台復帰も7年振りだったので、不安だらけだったが無事に初日を終えた。明日も頑張ろう。
コメント

明日が初日

2018-11-22 23:26:53 | Weblog
仕事を終えて、びぷれす会館のアートロフトへ舞台機材の搬入。連休前夜の熊本市街地に向かう道路は大渋滞。19時過ぎに到着したがすでに搬入は完了。少し時間があったので設営を進めて今日は解散。近くのラーメン屋で夜食を済ませて帰宅。注文したジョビジョバのライブDVDが自宅に届いていたので全編見る。プロはここまでやれるんだよな。明日の本番はどこまでやれるんだろうな。
コメント

本番を前に

2018-11-21 23:13:12 | Weblog
帰宅後、明日の仕込みに備えて衣装や小道具類を揃え、早めに寝るつもりだったが、閉店前の蔦屋書店で、取り置きしているテキストと合わせて『しがみつかない大人になる63の方法(中谷彰宏著)』を買って帰る。このタイトルに惹かれたのは、自分が何かにしがみついたままの大人じゃないかとふと思ったから。「しがみつく」とは何かに執着しているということ。身も心も身軽な人間でありたいが、やはり過去の自分に執着している。変わらない時間が長いほど、変わることが困難になっていく。舞台の本番を前に全く舞台と関係ないことがアタマを占有する。
コメント

キープオン

2018-11-20 23:29:20 | Weblog
休みだったので、プランター整理や部屋掃除。通勤や荷物がある時以外は、自家用車の6分の1の燃費で済むスクーターで動き回るが、今日は結構寒かった。着込みが甘く体温を奪われた。植木のタオカフェで「チャンチャマイヨ」というペルー産の深煎り豆を買い、稽古のケータリング用にホットコーヒーを抽出。自分自身はアイスコーヒーしか飲まないため、誰かに振る舞う時しかホットコーヒーを淹れないが、概ねメンバーの方々には好評。今日がおそらく本番前の最後の通し稽古。まだ課題が残るがあとは本番。成果は稽古した分だけ。それはどれだけ稽古をしても同じこと。あとはコンディションの維持に専念する。
コメント

見習いたい

2018-11-19 23:25:50 | Weblog
仕事の後、劇団きらら『気持ちのいい穴の話』を観た。真夜中ミサイルの公演日と近いため、きららの動向も気にしながら自分も稽古に臨んでいて、正直、あの短期間でここまで作り上げた事を感動したと同時に、役者として焦りが湧いた。ここ数年、きららのテイストは定型化している印象があるけど、今回はそれぞれの役者さんがいい感じに引き立っていて、久々に役者が活きた芝居を観た。安定感も半端ない。役者として見習わないと。いつも芝居を観るときは純粋な観客として物語を楽しむけど、今回はどうしても役者目線が強かった。
コメント

リセットへ

2018-11-19 22:51:48 | Weblog
大西氏が圧勝した熊本市長選。過去に共産党の候補者が市長選や知事選に勝った話は聞いたことがないし、今後もないだろうと誰もが思っている。共産党でさえ勝とうと思っていない気がする。じゃなぜ候補者を立てるのか疑問も湧く。彼らにとっては、選挙で勝つことより、立候補を通じて自分らの主義主張を公に発する事が大事なのかも知れない。今日、東京地検特捜部がカルロス・ゴーン会長の逮捕に踏み切ったニュースを聞く。東京地検は外国人も逮捕する権限がある事に少し驚いたけど、「踏み切った」という表現から察するに、元々逮捕ネタはあったという事で、一番の関心は、誰が東京地検へ逮捕を指示したかという点だ。強欲過ぎるトップへの社内告発という話もあるが、日産のイメージダウンを謀った対抗勢力の力が働いたか、もっと大きな話をすれば、ルノー(フランス)に対する日産(日本)の決別宣言とも受け取れる。日産・三菱も元々他社に負けない高い技術力を誇る自動車会社。ライバル社の計略で様々なネガキャンが明るみに出たが、TPPが発効され、トヨタ・ホンダ・マツダに出遅れるわけにはいかないという危機感が招いた出来事に思える。
コメント

実感湧かぬ

2018-11-18 23:11:00 | Weblog
キャスト全員が仕事休みだったので、市内のバレエスタジオで午後一番から『ミサイル危機一髪』稽古。本番を想定して通し稽古を2回。まだまだ改善点は多いがようやく少し手応えを感じた。いつものことだけど、ここからあっという間に本番を迎え、本番を実感する頃には楽日を迎える。だから毎日大事に過ごさねば、と思う。
コメント