ENBLOG

TANAKAHAN日々思った事を綴ってみたりして

制約だらけ

2018-01-12 22:26:16 | Weblog
帰宅して夜食を作る合間に、学生時代によく聴いたアーチストの楽曲PVを見ながら歌詞を口ずさむ。ふと著作権について疑問が湧く。例えば、レーベルを移籍しても本人に属するかとか、作詞者と作曲者のどちらに属するかなど。有名アーチストはアマチュアよりも確かに実力はあるが、音楽プロダクションのプロモーションなしで有名になる事はできなかったはず。ならば、著作権はプロダクションに属すのが普通だと思う。アーチストに属するならば、何とも太っ腹な感じがする。ビートルズの楽曲の多くは、大衆刷り込みのコンテンツとして利用され、実はビートルズ以外の人間によって作詞作曲されている噂も濃厚だ。たとえアーチストに属すとしても、プロダクションの承諾無しに勝手に使えないのが実態にも思える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学びの欲求 | トップ | 本当の戦い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事