ENBLOG

TANAKAHAN日々思った事を綴ってみたりして

素朴に疑問

2018-01-14 23:56:43 | Weblog
朝は氷点下の日々が最近続き、職場ではインフルエンザに感染する社員がちらほら。僕は納期の近い業務が続く上に、不在者の業務もカバーしなければならないので毎日が残業。「暢気に風邪など引いていられるか」という気分で日々過ごしている。こんな時期に上司に風邪など引かれたらちょっと引く。明日が休みなので昨日の話を少し掘り下げてみる。創造主や悪魔という言葉が端的に出る代表的な宗教がキリスト教。で、そのシンボルマークとも言えるのが十字架。ロザリオを首に掛けていると、その人がクリスチャンだと分かる。クリスチャンでもない僕が素朴に疑問を感じるのは、なぜクリスチャンは、十字架に掛けられたキリストを拝むのか?という疑問だ。神への祈りを説き続け、それを民衆に望んだキリストからすれば、十字架に掛けられた自分の姿など拝んで欲しくもないだろう。聖書の内容に興味はあるが、キリスト教という宗教に今ひとつ僕が興味を持てない大きな理由がこれ。ところで、教会で牧師らが祈りを捧げた後に十字を切る場面がよく見られるが、あの手の軌跡をたどると、五芒星を描いている事実に気付いている人がどれだけいるだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本当の戦い | トップ | 投資として »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事