しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ゼロ・グラビティ

2014年01月05日 21時42分39秒 | 作品名(さ行)
第332回「音の無い世界で繰り広げられる生への戦い」
いつもこのブログを読んでくれる皆さんへ。明けましておめでとうございます。今年もこの「しんちゃんの徒然なる映画日記」を宜しくお願いします。年末がバタバタしていて、前回から随分と間が空いてしまいましたが、新年最初の映画鑑賞に行ってきました。特に新作が公開されない年末年始に選んだのは「ゼロ・グラビティ」です。

地表から600キロメートルも離れた宇宙空間で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。それは幾度も訓練した簡単なミッションのはずだった。ところが別の場所でソビエトが自国の不要となった衛星を爆破処理した為に、その破片が時速900キロで彼らのスペースシャトルへと向かっていた。凶器となってシャトルへと襲いかかる宇宙ゴミによって無重力空間へと放り出される2人。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

予告編でも宇宙空間におけるトラブルによって放り出される部分が取り上げられ、詳しいストーリー展開がわからなかったのですが、その答えはすぐにわかります。それは物語の全容がそれ以上でもそれ以下でもない、とてもシンプルな設定で繰り広げられるからでした。観る前はそれが薄っぺらい物語になってしまうのではと心配していたのですが、観終わった今ならわかります。そのシンプルな設定であれだけ見事な作品を作り上げてしまう脚本と監督の手腕には驚かされました。

登場人物も主人公のライアン博士を演じたサンドラ・ブロックとお喋りな宇宙飛行士を演じたジョージ・クルーニーの2人だけというとってもシンブル。もちろん声だけの出演で何人か登場するのですが、基本的には2人だけ。回想シーンや時間軸を入れ替えるなどの場面転換は一切使うことなく、最後まで観客をスクリーンに引き付けます。それはもう見事なワン・シチュエーション劇でした。

点数は★★★★★です。91分という時間をワン・シチュエーションで描き切った脚本と監督は賞賛に値します。さらに極限状態の中での意外な演出にもニヤリとさせられてしまいました。とにかく場面転換がなく、登場人物の会話だけで進められていくお話なので、きちんと会話を聞いて、キャラクター設定や心の動きなどを感じ取る必要があります。

2014年最初の作品がこの作品で本当に良かったと思います。新年の最初から苦言を綴るのは気が重いですからね。

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
サンドラ・ブロック,ジョージ・クルーニー
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« REDリターンズ | トップ | エンダーのゲーム »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(さ行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
ゼロ・グラビティ (本と映画、ときどき日常)
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 ジョージ・クルーニー     サンドラ・ブロック     エド・ハリス 宇宙でシャトル外部の故障を直していると、宇宙ゴミが流れてきてシャトルが破壊される。 そして暗黒の宇宙に投げ出されてしまう男女。 どうしよ~。 ....
ゼログラビティ (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズなんば スクリーン4 鑑賞日時:12月31日 評価:A- 原題:Gravity 製作:2013年 アメリカ 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー エド・ハリス 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 ...
「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 (はらやんの映画徒然草)
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
ゼロ・グラビティ (銀幕大帝α)
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...