しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

探偵はBARにいる

2011年09月25日 17時17分23秒 | 作品名(た行)
第238回「ハードボイルドというよりはハーフボイルド」
私立探偵という響きに弱い。刑事とは違い自分の裁量で動くことができ、しがらみがない。正義を振りかざすだけでなく、時には悪を利用することある。小説や映画などでは多く見かけることができるキャラクター。ところが、最近はあまり魅力的なキャラクターを見る機会は少なくなっていた。今回の「探偵はBARにいる」はひさしぶりに探偵を主役にし、今後を期待させてくれる作品でした。

舞台は札幌、歓楽街ススキノ。そこにあるバーに探偵はいる。相棒である大学生のアルバイト高田と共に、毎晩バーで酒を飲みながらオセロに興じている。束縛されることを嫌い携帯は持たない主義の探偵に依頼する時はバーの黒電話にかける。ある晩、バーの電話に「コンドウキョウコ」と名乗る人物から電話がかかる。「弁護士の南に会い、去年の2月5日にカトウはどこにいたか聞いて欲しい」という。それは簡単な依頼のはずだった。帰り道で拉致され雪穴に落とされるまでは・・・

探偵と聞けば、やはり最初に思い出すのはシャーロック・ホームズ。ポアロにフィリップ・マーロウ。日本で言えば明智小五郎や金田一耕助が挙げられるだろうか。最近ではどうしても「名探偵コナン」を列挙してしまうくらい「探偵」というキャラクターは不在だった。個人的には「濱マイク」や探偵物語の「工藤俊作」も好きなキャラクターではある。

久しぶりの私立探偵を主人公にしたこの映画に期待半分、心配半分という感じで劇場に足を運びました。結果は・・・★★★★☆と私の期待に十分応えてくれる作品でした。

やはり重要なのはキャラクター。主人公である探偵を演じる大泉洋は出会いが「水曜どうでしょう」の為、おちゃらけたイメージが先行しがちだが、そこはやはり俳優を生業としているだけあり、コミカルとシリアスを絶妙なバランスで演じていました。

脇を固める俳優さん達も魅力的で、相棒の高田を演じた松田龍平は、あくまで個人的な意見ですが、父親である松田優作に一瞬ダブるシーンなどがあり、あの飄々とした感じが工藤ちゃんを彷彿とさせてくれました。ヤクザの若頭の相田を演じた松重豊さんや新聞記者の田口トモロヲさんなど探偵映画には欠かせないキャラクターもいい味を出していました。

残念なのは警察側のキャラクターが一切出てこないこと。あれだけ死人が出ているんだから北海道警も動いていいはずだよね。新人で使えない若手刑事とか、探偵を目の敵にしている鬼警部とか、警察が事件に介入してこないのは逆に不自然かと。

あとはもちろん脚本にも難はあります。正直、とくに驚くような事件ではなく、電話の声を聴けば、誰が「コンドウキョウコ」なのかもわかります。それに探偵がまんまと乗ってしまうあたりは、ちょっと・・・と思ってしまいますが、それも探偵のキャラクターだと目をつぶりましょう。事件の真相についても、解決方法があれではちょっと救いが無さ過ぎる気がします。

それでも、久しぶりにいい探偵物を観たような気がします。原作小説がシリーズになっているので続編を期待しています。次回作ではミニクーパーなんてどうでしょう。

探偵はBARにいる 通常版 [Blu-ray]
大泉 洋,松田龍平,小雪,西田敏行
アミューズソフトエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ

コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 世界侵略:ロサンゼルス決戦 | トップ | アジョシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

探偵はBARにいる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「探偵はBARにいる」オリジナルサウンドトラック名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役。ススキノを舞台に、コミカルな味を加味して描くハード・ボイルドの快作だ。札幌の歓楽 ...
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
探偵はBARにいる (CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
大泉洋がすすきのを舞台に活躍するハードボイルド。イオンシネマのレイトショーで観てきた。
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...