しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ボーン・アルティメイタム

2007年11月12日 00時08分15秒 | 作品名(は行)
第85回「彼の行く先には何があるのでしょう?」

今週は前回のブログで予告したとおり、「ボーン・アルティメイタム」を観てきました。記憶を無くした殺し屋ジェイソン・ボーンの物語の第3弾です。
今回は結果を先に言わせてください。なんの問題もなく★★★★★です。どうしてこの作品は私をこれほど惹きつけるのでしょう?

この映画を観た後に、家に戻ってきてすぐにやったことがあります。それは前作「ボーン・スプレマシー」をDVDで確認したことです。どうして前日のテレビ放映を観ないで、劇場で観た後になって観たのか?
それは、確認したいことがあったのです。前作のエンディングとなったシーン、FBIビルの向かい側から、パメラのオフィスに電話をするシーン。そこで彼は本名と誕生日を知り、ニューヨークの街中に消えていくというシーン。エンディングとしては個人的にすごく気に入っているシーンでした。
ところがこのシーン、実は今作3の中盤での重要なシーンだったのです。映画館でまるでデジャブを観たような感じになってしまい、「あれ?今のシーンって確か・・・」と考え込んでしまいました。
という事は?冒頭のロシアでのシーンも・・・と考えていくと今作の3と前作の2は、かなりの部分でリンクしていて2本で1つの大きなお話になっていたのです。

そのことがこの作品にますます深みを与えていて、家に帰ってきてから前作のチェックをして、「ああ、こことあそこが、ああいう風に繋がるのね。」とさらに楽しみが増えました。

物語もモスクワ、ローマ、パリ、ニューヨークと世界各地を舞台にテンポの速い展開で、まさに息をもつかせぬ作品でした。アクション映画としても一流ですが、脚本もよくできていて、彼の行く末が気になります。

全ての記憶を取り戻したことで、物語は結末を迎えているのですが、この先どうとでも進めることが出来る作品だけに、安易に続編は作ってほしくないなぁ・・・と思っています。

この先の彼の行く先には、何が待っているのでしょう。

ボーン・アルティメイタム 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】
マット・デイモン,ジュリア・スタイルズ,デヴィット・ストラザーン,スコット・グレン
ジェネオン・ユニバーサル


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« バイオハザード3 | トップ | バンテージ・ポイント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(は行)」カテゴリの最新記事