しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アルゴ

2012年10月28日 12時08分54秒 | 作品名(あ行)
第284回「事実は小説より奇なり。」
さて、今月は以前から観たい映画がないと嘆いてきましたが、月末に来てやっと観たい映画に巡り合いました。その映画とは「アルゴ」です。初めてこのタイトルを聞いた時はなんのことだろう?と思ったのですが、あらすじを聞いて期待を高めました。さらに監督が最近になってメキメキと頭角を現してきたベン・アフレックと聞けば、どうしても期待してしまいます。どんなお話かというと・・・

1979年11月4日、独裁政治を行っていた前国王がアメリカへ亡命したことをきっかけにアメリカに対するデモ活動が激化していたイラン・テヘランにて、アメリカ大使館占拠事件が発生する。過激派により大使館職員ら52人が人質となり、大使館内で軟禁状態となってしまう。しかし、いち早く職員6人が逃げ出すことに成功しカナダ大使の私邸に身を隠すことになる。それから69日後、CIAの人質救出のエキスパート、トニー・メンデスは、命が狙われている彼らを無事に国外へ逃すため、ある作戦を実行することになる。「ハリウッド作戦」と名付けられたその作戦とは、架空のSF映画を企画し、そのロケ地候補となったイランへ訪れたカナダ人スタッフを装い、6人を無事に出国させるという突拍子もない作戦だった。その為に本物のプロデューサーを雇い、制作会社を設立し、制作会見を行いマスコミに取り上げてもらうなど、本物同様の段取りを行うことになった。果たして彼らを無事に救い出すことは出来るのか?

まず驚いたのは、この事件が完全解決までに444日もの時間を要したこと。常に銃を携帯した革命軍に監視され、いつ撃たれるかもわからない状態で1年以上もの時間を過ごすことになった人質達の心境を考えるとゾッとします。

あらすじや予告編などでは、架空の映画でタイトルにもなっている「アルゴ」を作るみたいな奇想天外なお話のような印象を受けますが、実際に映画を作る場面はまったく出てきません。制作会見での本読みを行うくらいで、あとはロケハンの事実をイラン側に見せる為にバザールを歩く位でした。人質を出国させるだけの嘘の映画だから当たり前なのですが、もう少し盛り上げる場面があっても良かったのでは?と思いました。「アルゴ」をアピールするシークエンスでは軽快な音楽を使い、バカバカしさを前面に押し出した演出をしていたので、多少の物足りなさを感じました。

キャストについても有名な俳優さんは主演のベン・アフレックくらいで、脇役には顔は見覚えがあるけど、名前が出てこない俳優さんばかりでした。それが決して物足りないのではなく逆にアクの強い俳優さんを起用するよりは、とても効果的だったような気がします。

観る前に想像していたような迫力満点な銃撃戦やアクションがあったわけではないのですが、巧妙に仕組まれた頭脳戦や緊迫感溢れるやり取りが、私の好みにハマる作品でした。しかもこれが事実を基にしたというのだから、観ている観客の緊迫感もかなり盛り上がります。

点数は★★★★☆です。傑作とは言えませんが、観ておいて損はない秀作だと思います。ベン・アフレックは監督としての才能はもちろんですが、俳優としてもアクション映画などで演じるよりは、この作品のように抑えた演技で芯の強いキャラクターを演じるほうが彼の魅力が引き出される気がします。それだけ彼が年を取ったということでしょうか?

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
ベン・アフレック,ジョージ・クルーニー,グラント・ヘスロヴ,クリス・テリオ
ワーナー・ホーム・ビデオ

コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 推理作家ポー 最期の5日間 | トップ | パラノーマル・アクティビティ4 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハラハラドキドキ (kintyre)
2013-02-09 22:15:18
私もこの映画を観ましたが、最後のシーンでありハイライトでもある、空港から搭乗するまではハラハラしました。
離陸しているのに革命防衛隊が執拗に追跡してきて緊張感に溢れていましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(あ行)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

アルゴ  監督/ベン・アフレック (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館が過激派に占拠され、密かに脱出しカナダ大使私邸に逃げ込んだ6人を除く52人の大使館員が人質にとられる。イラン側の要求は、癌治療の...
アルゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、....
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
『アルゴ』('12初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 10月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:20の回を鑑賞。
映画的救出作戦! (笑う社会人の生活)
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや~ 面白かった! 映画製作を装って スタッフとして脱出させるという! 驚きの作戦 事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...
映画『アルゴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レ...
『アルゴ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...
アルゴ (銀幕大帝α)
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー....
アルゴ (いやいやえん)
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな