しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ザ・ウォーカー

2010年06月28日 23時36分56秒 | 作品名(さ行)
第189回「彼が歩いた先に見つけた、たった1つの希望とは?」

土曜日には映画を鑑賞していたのですが、昨日の夜は体調不良になってしまい、早めに寝た為に珍しく月曜日での更新です。さて、今夜の作品は・・・

戦争で荒廃した近未来、世界にたった1冊だけ残ったある本を持って、1人で西を目指す主人公。かつてヒットした映画「マッドマックス」シリーズを彷彿とさせる設定。さらに個人的に好きな俳優「デンゼル・ワシントン」「ゲイリー・オールドマン」出演と聞けば見逃すわけにはいきませんよね。今夜の作品は「ザ・ウォーカー」です。

物語は戦争によって荒廃した近未来の世界。主人公のイーレイはある1冊の本を持って旅を続けていた。その目的は知らぬまま、ただ西へを向かって。ある時、辿り着いた街でその街を牛耳っているカーネギーに本を持っていることを知られてしまう。その本は世界にたった1冊だけ残ったある書物で、人々の希望とも言える本だった。その本をどうしても手に入れたいカーネギー。しかし彼はその本を渡す事を拒否した。暴力と欲望が支配する世界で彼は本を守る戦いへと進んでいく。

イーレイが守ろうとしている本が何なのかは、ちょっと想像すればわかります。そう世界最大のベストセラーと呼ばれている書物です。その事が重要なのではなく、この映画の1番の驚きは主人公であるイーレイが「○○」であったこと。映画を注意深く観ていれば、不自然な部分がいくつかありました。私も少し違和感を抱えながらも、その事には最後まで気がつくことができませんでした。
そして、映画の終盤でその事がわかった後も、「え?じゃああの場面は?」と物語を頭の中で最初から最後までを思い返してみました。すると、彼が「○○」であると考えるとどうしても辻褄が合わないところがいくつかあり、「ん?どういうこと?」と首を傾げてしまうところが幾つかありました。
それと同時に、違和感のあった行動の全てが納得できて、「ええ~そうだったのか」と驚愕している自分がいました。

作品の点数は★★★★☆です。脚本も見事でしたし、出演者も良かったです。「マッドマックス」ほどの派手さはありませんが、デンゼル・ワシントン演じるイーレイはいいキャラクターです。いまだに納得できていない場面がいくつかあるので、確認する為にもう1度観たい気持ちです。(おそらくDVDになるのでしょうが)

さて、来週からは立て続けに観たい作品が目白押しですねぇ。
まずは「踊る大捜査線3」ですね。

ザ・ウォーカー [Blu-ray]
デンゼル・ワシントン,ゲイリー・オールドマン,ミラ・クニス
角川書店


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント