信濃町総合情報センターだより

長野県信濃町情報を写真入りでお届けします

明治の古より地域を見守る学び舎

2011-11-30 13:35:51 | 史跡・歴史

ここ信濃町には、101歳を迎えた古い学び舎があります。
 数年前、町の広報でも紹介されたその学び舎は、旧古間尋常小学校として
明治43年に建設され、昭51年に古間小学校の現校舎に移るまでの66年間、
明治、大正、昭和と述べ5000人を超える子どもたちを見守ってきたそうです。

こちらが現在の校舎です。現代建築とは一味違った、歴史を感じる正面玄関

今は使用されなくなった校舎・・・哀愁が漂います

校舎裏側、なかなか見ることありませんよね外壁の一枚一枚も愛おしく感じます

 学校としての役割を果たしたときに、貴重な明治期の建物を後世に残そうと
昭和53年の改修工事を経て『信濃町公民館古間支館』として今年の春まで
約34年間、地域の人々の社会教育活動の場として使われてきますた。
 明治時代のノスタルジックな雰囲気が活きていますね
 現在は耐震問題のため閉鎖となっていますが、見た感じは地震もなんのその
って感じなんですけどねぇ 建築物は見た目では判断できませんね

 今では中に入って見ることのできなくなった古い建造物……近寄ったら昔に
タイムスリップ出来るんじゃないかなぁなんて思えたりして
あっ映画の撮影なんかに使ってもらえたらいいかもっ
とにかく貴重な明治期の文化財、世紀を超えて末永く後世に伝わることを願います。

まもなく里にも初雪かなぁ(#^.^#)

2011-11-16 14:53:54 | 自然
冷え込むなぁと思ったら、やっぱり黒姫山も麓まで雪が降りました
  
合成写真じゃありません少し残った紅葉の木々とのコントラストが  
くっきりですね
                       
         
地元では、黒姫山に3度雪が降ると里にも降るという謂れがあります。
信州信濃町は間もなく白銀の世界に衣替えその前のほんの一時
このように、晩秋と初冬の混在する景色が見られます。
しかもこの景色は朝のうちだけ太陽パワーの威力です  

   
              

初冬の信濃町ぜひお出かけください  

追伸 お出かけの際はスタッドレスかタイヤチェーンをお忘れなく

道の駅しなの ふるさと収穫祭

2011-11-03 10:30:26 | 宿泊
 毎年恒例の、道の駅しなののふるさと収穫祭がおこなわれまた。
地元のお酒、松尾の樽で鏡割りを皮切りににぎやかにスタート!

ちょっと撮影ミスでぼやけてしまいましたね
新そばを筆頭に、手作りパンやおこわ、お豆腐、お漬物、地ビール、えんめい茶などの食べ物や
飲み物のほか、ウッドクラフトやドライフラワーところ狭しとたくさんの出店がならんでいます。


新そばのコーナーは人気で、行列が出来ていました。

各テントでは様々な商品がたくさん目移りしてしまいます。

陶芸品絵付けコーナーでは、お子さんたちが真剣に挑戦していました。

メインイベントとも言える、お餅つき時間を合せるようにたくさんのお客様が
続々とみえていました。

天候不順といわれた今年、無事にたくさんの収穫がありました。自然の恵みに感謝して
いただきたいと思います。