信濃町総合情報センターだより

長野県信濃町情報を写真入りでお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一茶の世界へ入ってみませんか?

2010-03-01 14:50:38 | 旅行

・小丸山公園内の俳諧寺        ・一茶記念館ネコ館長さんへの配慮です


・記念館となりのおそば屋さんです。  ・記念館駐車場から黒姫山を望む

一茶は今から約240年前、信州柏原に生まれ15歳で江戸へ奉公に行き、その後、俳人となって全国を行脚しました。江戸を中心に活躍しましたが50歳で帰郷し、52歳でようやく結婚しました。幸せな家庭を切望しましたが妻と4人の子供に先立たれ、その上、柏原の大火で住いも類焼し、焼け残った小さな土蔵で寂しく65歳の生涯を終えました。

一茶記念館を中心にゆっくり歩きながら俳人一茶の足跡を訪ねてみませんか?

記念館の隣には俳諧寺と多くの句碑が建つ小丸山公園、5~6分歩くと一茶の菩提寺の明専寺、10分程で終焉の土蔵をご覧頂けます。


小林一茶旧宅とボランティアガイド

家の中をのぞいてみると、一茶の晩年が想いだされ、不思議な気持ちになります。
国道18号線をご利用の際は、ぜひお立ち寄り下さい。
一茶の旧宅の土蔵では、日曜日にボランティアでガイドをしてくれる方々がいます。
ボランティアなので毎週必ずいるというわけにはいきませんが、一茶の住まいや付近の句碑のこと、信濃町の古い宿場のことなどを説明してくれます。
事前に予約をすれば、希望の日程でガイドをしていただくことができます。
また、旧宅・一茶記念館は、冬期間の休業日が変わります。
ガイドの予約、詳細は一茶記念館にお問い合わせください。

TEL 026-255-3741