川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

稲の花

2018-07-15 15:24:10 | 天道米のサンバ
息子はここ数日被災地へボランティアに
出ているそうです。昨日嫁が来て言うま
で知りませんでした。娘も突然来て孫を
うちに預け知人の家の片付けに行きまし
た。全国から1900人のボランティア
がこの暑いなか来て頂いているそうです。
熱中症に気をつけて作業をしてください。
ありがとうございます。日本の未来は明
るいです。皆さんのお蔭で復興できます。

   「復興の槌音がするダムの町」
   「夏空へ凛と咲きだす稲の花」
   「総理よりためになるのはボランティア」
   「生きていることも一つのボランティア」

     本日の歩数13,575歩

(稲の花が咲くころとなった)
『川柳』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 激甚災害 | トップ | 社とりゃけ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guuchan)
2018-07-15 15:31:07
若い方がボランティアに汗を流しておられる姿に、
本当に日本の未来に希望を感じます。
 室内にいても熱中症になりそうな今日この頃、
外で作業されている方々の健康が気になります。
guuさんへ (宗和)
2018-07-16 07:06:29
おはようございます。
色々なボランティアがあります。
ボランティアに出る人の子供を預かったり
また昼ご飯を作ったり、避難所で話を聞いたり
それぞれの立場でお手伝いすることがあります。
義援金を送ることも立派なボランティアです。
国から20億円分の救援物資が西日本豪雨の
被災者に届くそうです。国民全員の善意です。

コメントを投稿

天道米のサンバ」カテゴリの最新記事