川柳いろいろ

愛犬カールと綴る一日一句一万歩

「窓」

2019-09-14 16:59:23 | 川柳

近頃川柳マガジン誌での入選が

減りました。年数を重ねれば普

通は増えるのが一般的だと思い

ます。それが減るというのは原

因不明です。スランプかも知れ

ませんし選者との相性かも知れ

ません。マイペースでコツコツ

続けるしか打開策はありません。

 

   『窓明かり子らが影絵のように跳ね』

 

(2019年9月・川柳マガジン・課題「窓」・大楠紀子選・七〇秀)

 

     本日の歩数17,648歩

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 末路 | トップ | 眩む➁ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (さくら)
2019-09-14 18:51:06
いったん涼しくなったあと、
戻った夏の暑さに参っていましたが
昨日今日はほっとするような秋の風を感じます。
が、明日はまた猛暑になるとか。
めまぐるしいですね。

わたしもスランプ?というのか、
もともとペースは遅いしたくさんも作れなかったのですが、
最近はそれにも増して句がつくれず、あちこちお休みしています。
浮き沈みも波もあると思って、あせらず続けるしかないなあと
わたしも思っているところです。
句以外のことも、停滞感というかうまくはかどらず、
体力不足なのか、疲れを感じることが多いです。
よい自分のペースをつかむには、少しかかりそう…^^;

「眩む」のお話の続きが気になります。
あとに書かれていた川柳に、お話の続きのヒントがあるようですが
また教えてくださいね。
こんにちは。 (宗和)
2019-09-15 11:37:35
九月も半ばになるのに、今日は35℃になる地域が
あちこちあると予報が出ているようです。
快晴はありがたいのに、いつまでも真夏の暑さでは
先が思いやられます。
1週間ほど前から、夜には秋の虫、コオロギなどが
鳴いて涼を呼んでくれます。

さくらさんは仕事もお忙しいかろうに、各地の
川柳社に投句されてご立派です。見習いたいが
なかなかできる事ではありません。
もうちょっと経てば秋本番になって、気分も
乗ってくるかもしれませんね。そうなるかも
知れんと期待して、じっくり待って見ましょう。

「眩む」は実話ですが何回かに分けて書いて
見たいと思います。

コメントを投稿

川柳」カテゴリの最新記事